元スペイン代表FWコスタ、ウルブス加入“最大の要因”は? プレミア帰還を「スムーズなものにさせてくれた」

ウォルバーハンプトンへ加入したFWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】
ウォルバーハンプトンへ加入したFWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

フリートランスファーでウォルバーハンプトンへの加入が決定

 イングランド1部ウォルバーハンプトンは9月12日、元スペイン代表FWジエゴ・コスタの加入を発表した。夏の移籍市場はすでに閉まっているが、コスタは今年1月にブラジル1部アトレチコ・ミネイロとの契約を解除していたため、フリートランスファーでの加入が認められた。クラブの公式HPで、コメントを発表している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2014年夏から2018年1月まで所属していたチェルシーでは、公式戦通算120試合で59ゴールを挙げ、2度のプレミアリーグ優勝に貢献。イングランドでの実績十分なコスタだが、その後に在籍したスペイン1部アトレティコ・マドリードでは出場機会が減少すると、コーチングスタッフとの関係が悪化。最後はクラブのフロントと揉める形で、契約解除に至っていた。

 また、アトレチコ・ミネイロでも50年ぶりのブラジル全国選手権優勝に導くなど、2つのタイトルをもたらしたが、2022年末まで残っていた契約を解除している。

 半年以上、所属クラブのない状態が続いていたなか、新天地が決定。「第一級のクラブであり、サッカーをよく知る良い選手たちが集まっている。そして、再びプレミアリーグでプレーできるチャンスがあることが最大の要因だった。技術面でも、在籍している選手の質に加えて、ポルトガル語を話す選手が多いという事実は、加入をよりスムーズなものにさせてくれた」と、ウルブスでの活躍に自信を見せた。

 そして、「プレミアリーグを離れてからしばらく経つが、リーグが好きで、ずっと追いかけていた。マドリードでプレーを楽しんだが、失望も味わった。だが、この話はモチベーションを高めてくれた。炎を灯してくれたんだ」と、加入した喜びを語っている。

 ウルブス加入を発表する動画では、3匹の狼を引き連れていたコスタ。「野獣」の異名を持つストライカーも、撮影の際には恐怖を感じていたという。

「怖くて死にそうだったよ。鎖を持った時に『このオオカミたちが、襲い掛かってきたらどうしようか』と考え続けていた。女性のトレーナーが、彼らに指示を出していたけれど、狼たちは全く言うことを聞かなかった。『トレーナーの言うことを何も聞かないし、オレのところに来るんじゃないか』と思ったら、彼らはオレのところに来て、足の匂いを嗅ぎ始めたんだ。終わったと思ったね。少しばかり怖かった。犬じゃなくて、狼だからね。クールな経験だったけれど、あまり居心地のいいものではなかったよ。オレは5匹の犬を飼っているけれど、狼じゃないからね!」

 1年契約を結び、背番号「29」をつけることが決まったコスタ。ピッチでは怖いもの知らずのプレーを見せるストライカーは、どのような活躍を見せるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」