J2リーグ昇格争い、プレーオフ参入圏クラブに明暗 5連敗の仙台が苦境に…岡山、熊本に“順当ムード”

J2リーグ昇格争い(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
J2リーグ昇格争い(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

各地で第35節が開催、J1参入プレーオフ圏内のチームが勝ち点を伸ばす

 J2リーグは9月10日に各地で第35節の試合が開催された。上位での直接対決もあったものの、全体的にはJ1参入プレーオフ圏内のチームが勝ち点を伸ばしたことでやや縦長の勝ち点差になった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 このゲームに向かった中での大きなトピックになったのが、ベガルタ仙台が電撃的な監督交代を行ったことだろう。原崎政人監督を解任し、先月までJ1ジュビロ磐田で指揮を執っていた伊藤彰氏が後任監督になった。そのデビュー戦が同じプレーオフ圏内に位置する大分トリニータだったことで大きな注目を集めた。しかし仙台は5連敗となり監督交代に踏み切った悪い流れを断ち切ることができなかった。

 前半からゴール前のピンチをGK小畑裕馬のセーブでしのぐ場面が続くと、後半に大分が残留に向けての緊急補強になったFW金崎夢生を投入したところからその流れが加速。そして後半23分、クロスをFW呉屋大翔にヘディングで決められてついに陥落した。追いつくことが必要な残り時間も、むしろ大分の追加点が入りそうな場面を何とかしのぐばかりでそのまま0-1の敗戦。仙台は大分と勝ち点55で並び、かろうじて得失点差で5位をキープしている。

 一方で、3位のファジアーノ岡山はモンテディオ山形に2-1で競り勝ち、勝ち点を63に伸ばした。ロアッソ熊本はV・ファーレン長崎を3-1で破って勝ち点57の4位に浮上。7位の長崎は大分と仙台から4ポイント差の勝ち点51にとどまり、プレーオフ圏内とは2試合が必要な差がついた。消化試合が1試合少ないとはいえ、かなり痛い結果になったと言えるだろう。

 21位と22位の下位2チームがJ3への降格となるJ2残留争いでは、いわてグルージャ盛岡が水戸ホーリーホックを1-0で破って勝ち点33の20位へと浮上した。一方で、ザスパクサツ群馬は東京ヴェルディと1-1の引き分け。前半にPK獲得のチャンスがあったものの生かせなかったのが響いたか。これで群馬は勝ち点を32に伸ばしたものの、盛岡にかわされて21位へと転落してしまった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」