「最高の魂のゴール」 元日本代表MF細貝萌、Jリーグで“12年ぶりの一撃”に反響「気持ちでねじ込んだ」

群馬MF細貝萌【写真:(C)THESPA】
群馬MF細貝萌【写真:(C)THESPA】

後半アディショナルタイムにPKを沈めて移籍後初ゴール

 ザスパクサツ群馬は9月4日、J2リーグ第34節で栃木SCとアウェーで対戦し、1-1で引き分けた。この試合で元日本代表の群馬MF細貝萌がJリーグで12年ぶりとなるゴールを決めたなか、SNSでは、「観ているものを惹きつける何かがあった」「最高の魂のゴール」「気持ちでねじ込んだ」など反響の声が上がっている。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 細貝は、2005年に浦和レッズでプロデビューを果たすと、その後、ドイツ、トルコ、タイでプレー。昨年9月に群馬に加入し、今季はキャプテンを務めている。

 今季所属2年目を迎えた細貝だが、3月6日に行われたベガルタ仙台戦で負傷。「左足関節脱臼骨折」の診断を受け、全治6か月とされていた。そんななか7月10日に行われたFC町田ゼルビア戦で復帰を果たすと、以降はスタメン出場を続けている。

 栃木戦でもスタメンに名を連ねた細貝は、0-1で迎えた後半45分に獲得したPKをゴール左に叩き込み、1-1の引き分けに持ち込んだ。

 Jリーグでのゴールは、2010年4月18日にJ1第7節の川崎フロンターレ戦(3-0)までさかのぼり、約12年ぶりのゴールとなった。

 細貝のゴールを受けてSNSでは、「観ているものを惹きつける何かがあった」「最高の魂のゴール」「気持ちでねじ込んだ」「完全復活や!」など声が上がっている。

 J2リーグも残すところ8試合となり、残留に向けて負けられない戦いが続く群馬。細貝はチームを残留に導くことができるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド