2G1Aで“復活”のラッシュフォード、マンUのレジェンドOBが高評価「カルロス・テベスを思い出す」

ユナイテッドでプレーするFWマーカス・ラッシュフォード【写真:ロイター】
ユナイテッドでプレーするFWマーカス・ラッシュフォード【写真:ロイター】

開幕から全試合に出場し、6戦で3ゴール2アシストの活躍

 イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドは現地時間9月4日、プレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦し、3-1で勝利した。この試合でイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが2ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献したなか、クラブOBの元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が「彼は基本に立ち返った」と、ラッシュフォードの復調を喜んだ。英サッカー情報サイト「Squawka」が伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ラッシュフォードは前半35分、ペナルティーエリアでイングランド代表MFジェイドン・サンチョからボールを受けると、右サイドでフリーになったブラジル代表FWアントニーにスルーパス。アントニーはダイレクトでファーサイドにボールを流し込み、ユナイテッドが先制に成功した。

 その後、後半15分にイングランド代表FWブカヨ・サカに同点ゴールを許すも、同21分と同30分にラッシュフォードがゴールを決めて、3-1でユナイテッドが勝利した。

 昨季はリーグ戦25試合の出場で、4ゴール2アシストに留まったラッシュフォード。今季は開幕からスタメン出場で全試合に出場し、3ゴール2アシストを記録。早くも昨季のパフォーマンスを上回ろうとしている。

 この試合でラッシュフォードが見せたパフォーマンスをクラブOBであるファーディナンド氏も高く評価。自身の公式YouTubeチャンネルでのコメントを英サッカー情報サイト「Squawka」が紹介している。

「そのきっかけ(彼の新たな自信とフォーム)は、基本に立ち返ること。そして、それこそが私たちが求めてきたものだ。彼は基本に戻った。彼はゴールキーパーに向かってボールを追いかけ、失われた原因を追い求めている」

「ああいうのを見ると、カルロス・テベスを思い出すよ。彼は、ああいうことでファンを沸かせる選手だった。彼は観客を沸かせ、雰囲気を作り出し、相手選手たちに『よし、俺たちも行かなくちゃ』と思わせた」

 今季のラッシュフォードのプレーは、かつてユナイテッドで活躍をした元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスの姿を思い起させると語ったファーディナンド氏。ゴールやアシストの部分ではなく、最前線から相手GKに向かい、プレッシャーをかけるディフェンス面でも評価をした。

 開幕2連敗スタートとなったユナイテッドだが、アーセナル戦での勝利で4連勝を達成し、5位に浮上。ハイパフォーマンスを見せるラッシュフォードは、自身の復活とともに、チームの攻撃を牽引している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」