日本代表とW杯…日本らしい時は勝てない傾向 期待が高くない分、期待できるというややこしい話に

日本代表のこれまでのW杯を振り返る【写真:高橋 学】
日本代表のこれまでのW杯を振り返る【写真:高橋 学】

【識者コラム】W杯というリトマス試験紙で国民性みたいなものが炙り出される

 日本代表のワールドカップ(W杯)初出場は1998年フランス大会だった。アジア予選の終盤に中田英寿という新しいスターが現れ、岡田武史監督の「1勝1分1敗」という言葉がいつの間にか肥大化して、1勝1分1敗でのグループリーグ突破がいつの間にかノルマみたいな扱いになっていた記憶がある。

 グループで同居したのはアルゼンチン、クロアチア、ジャマイカ。アルゼンチンにはさすがに負けそうだが、クロアチアには何とか引き分けてジャマイカに勝って1勝1分1敗というのが大方の予想というか願望だった。今から思えば、というか当時からそう思っていたが、かなり虫のいい話だ。そもそも勝点4で突破できるかどうかも分からないのだが、それ以上の結果を期待するのは無理なので1勝1分1敗でなんとかという妙に現実的なところもある願望である。

 確かにクロアチア、ジャマイカ、日本は初出場という点では同じだったが、クロアチアは旧ユーゴスラビア代表のメンバーがいて実力的には格上とみていい。自動的に1勝することになっていたジャマイカもそんなに簡単な相手でないのは分かりそうなものだが、ジャマイカに負けるなんて、うっかり言えない空気だったのだから不思議なものだ。

 日本では「空気を読む」とよく言われるけれども、空気を読みすぎてしまうのか、大方の意見や願望と反することを言えない雰囲気が形成されやすいのかもしれない。当時、筆者はフランスに在住していたのだが、面白いことにフランス人はフランス代表に関してとても悲観的だった。開催国なので一般的にはけっこう楽観ムードもあったのだが、サッカーに近い人ほど悲観的。ベスト4に入れば上出来で、優勝するのはどうせブラジルかドイツだろうと。ところが、準決勝でクロアチアを破ると、もう優勝は間違いないみたいな盛り上がり方に一変したのも印象的だった。なんだ、みんな本当は応援していたのかと、その時に気付いたくらいで、それまでの斜に構えたポーズからの豹変に驚かされたものだ。W杯というリトマス試験紙によって、いろいろな国の人々の国民性みたいなものが炙り出される。

page1 page2 page3

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」