J1清水、ホーム未勝利も垣間見えた可能性 上位浮上を目指す“ワクワクするサッカー”への期待感

立田悠悟、松岡大起らが徐々に復調

 ただ、「常に脅威を感じていたわけではない」とMF白崎凌兵が話したように近年のように物怖じして何もできなかったわけではなく、もちろん、連日30度前後の気温のマレーシアでの16日間で6試合のACLをこなし疲労が残る川崎ではあったが、それでも選手たちの戦う姿勢や小気味よいパス回しからの攻撃を見ることができたと感じている。これに選手たちが感じた「クオリティー」が高められれば、時間は少し必要ではあるが川崎に一歩でも近づくことができると思っている。

 第12節が終わりシーズンの3分の1が経過した。清水は2勝6分4敗の勝ち点12で暫定13位。まだ順位を気にするほど上位とも下位とも勝ち点差は開いていないが、あと5試合で全チームとの1巡目の対戦が終了する。ここからの結果次第で上位争いに食い込めるのか、また残留争いに突入してしまうのかが見えくるが、そのなかでも清水はまずホームゲームでの今シーズン初勝利が待たれる。現在までホーム6試合で勝ちがないが,サポーターは怪我人などが復帰し、選手層が充実してきたなかで1試合でも早いホームでの勝利を望んでいる。次節のアウェー京都サンガF.C.戦を挟んで次のホームゲームは5月21日の第14節・名古屋グランパス戦。クラブのワースト記録は2021年シーズンのホーム8試合目での初勝利となるが、不名誉な記録に並ぶことは避けたい。

 攻撃ではFWチアゴ・サンタナがこの試合でもポスト直撃の強烈なミドルシュートを放ち、3試合連続途中出場のFWオ・セフンも時間が短いなかでもコーナーキックからのヘディングシュートで見せ場は作った。

 守備では前節に8試合ぶりに先発に復帰したDF立田悠悟がこの試合でも安定したプレーを見せ、後半から出場した松岡も本来の調子に戻りつつあり、戦力は揃い始めた。しかし、実際には清水よりも戦力が整っていると思われるチームでも下位に沈み、戦力ダウンと思われたチームが上位に躍進していることを考えれば、選手層だけで安易な判断はできないが、それでもワクワクするサッカーを見せてくれるという期待感は昨年よりも高まってきている。

(Sの極み・下舘浩久 / Hirohisa Shimodate)

page1 page2

下舘浩久

しもだて・ひろひさ/1964年、静岡市(旧清水市)生まれ。地元一般企業に就職、総務人事部門で勤務後、ウエブサイト「Sの極み」(清水エスパルス応援メディア)創設者の大場健司氏の急逝に伴い、2010年にフリーランスに転身。サイトを引き継ぎ、クラブに密着して選手の生の声を届けている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】