日本代表入りも期待の21歳アペルカンプ真大が好調、デュッセルドルフで定位置確保 “来季こそ”の強い思い

デュッセルドルフでプレーするMFアペルカンプ真大【写真:Getty Images】
デュッセルドルフでプレーするMFアペルカンプ真大【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】主力起用されるアペルカンプ真大、攻撃にアクセントを加える存在に

 ドイツ2部デュッセルドルフの21歳MFアペルカンプ真大が好調だ。

 新監督ダニエル・ティヌーウ就任後、完全にレギュラーとして起用されている。ポジションは当初左サイドハーフを担当することが多かった一方、豊富な運動量でチームに貢献しているものの、当初はなかなかボールが回らずに攻撃で変化をつけるプレーが出せないことも少なくなかった。

 現在のデュッセルドルフでは右サイドでプレーするカレド・ナレイが間違いなく生命線だ。今季ここまで8ゴール15アシストをマークしている。チームとして自然と攻撃は右サイド中心となる。

「左を通してのチャンスはあまり作れてなかったので、そこは残念。でも僕のいいところは左で起用されても、上手くハーフスペースに顔を出して、センター寄りでボールをもらってターンをしてチャンスメイクをするというところ」

 試合を重ねるごとにチームとしての攻撃バリエーションも増えてきている。31節ドレスデン戦では攻撃時に何度もパスを引き出し、チャンスの起点となるプレーを見せていた。

「監督には、タッチラインでやる左サイドハーフではないと試合前から言われているし、それは僕にとってもいいこと。もっとボールをもらって、自分ができることをもっと見せていけたらいいなと思います」

 この試合では先制ゴールをマーク。右サイドを突破してきたナレイからのパスをゴール前で受けて、冷静にゴールへと流し込んだ。試合後の記者会見でティウーヌ監督は「DFが2人ゴール前でブロックしようとしているところで、相手の届かないところへ丁寧にゴールを決めてくれた」と冷静な判断力を評価していた。

 32節ハイデンハイム戦ではルーベン・ヘニングスと2トップ気味のトップ下でスタメンフル出場を果たしている。守備ラインの間でボールを受けたり、上手く最終ラインの裏に抜け出す動きで相手守備を揺さぶり、味方の攻撃に貴重なアクセントを加えている。

 この試合を3-1で勝利したことで残留を確定することができた。それこそ一時期は3部降格の危険性もあったのだから、選手、コーチ陣、首脳陣、ファンもほっと一息といったところだろう。とはいえ、2部残留がこのクラブの目標なわけではない。デュセルドルフが1部昇格を狙ううえで大事なこととは何だろうか?

「1部昇格するためにはやっぱり前期からコンスタントに勝ち点3を取っていかないといけない。前期トップ5で折り返せたらいけると思う。フォルトゥナというクラブは1部へ行きたいクラブだし、そのためのプレーを見せられるチームだし、見せないといけないチーム。ここはメディアからの注目は大きいし、負けるとやっぱりすごく叩かれる。でもそれはみんな分かっていること。それを気にしすぎずに頑張っていきたいです」

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング