中国・広州FCのラフプレー2連発に物議 「『少林サッカー』恥ずかしい、韓国あざ笑う」

ジョホール・ダルル・タクジムFCに敗れた広州FC【写真:(C) AFC】
ジョホール・ダルル・タクジムFCに敗れた広州FC【写真:(C) AFC】

相手をなぎ倒すタックル&横腹キックで2回PK献上の広州FCが0-2で敗戦

 中国1部の広州FCは、4月27日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第5節でジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)と対戦し、0-2と敗れた。広州FCのラフプレーに韓国メディアが注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「『少林サッカー』恥ずかしい…韓国あざ笑う」と報じたのは、韓国メディア「STN SPORTS」だ。記事では、「別名『少林サッカー』で話題の中心にあるのは広州FC」と記し、ラフプレーが目立った一戦に注目している。

 ジョホール戦の広州FCは、前半15分に左コーナーキックを献上。中央にボールが供給されたなか、ボールを見ずにエリア内で相手を抱え込んでなぎ倒すファウルによりPKを与え、これを決められて先制点を奪われた。

 その後も劣勢が続いた広州FCは、終了間際の後半アディショナルタイムにDFチェン・クーンが相手選手の横腹をキックする形となり、再びPKを献上。これも決められて0-2と敗れた。

 韓国メディア「STN SPORTS」では、「中国サッカーは本当に恥ずかしがらなければならない」という中国サイト「捜狐(SOHU)」での反響を紹介。韓国でも話題を呼び、「ACLで『少林サッカー』をしていると、韓国メディアがあざ笑った」と中国側が反応した点にも触れている。

 記事では「思い通りにいかなくなると、広州FCの選手は腹いせに出た。 試合終了直前、ボックスの中に侵入していた相手を蹴り飛ばした」と、終了間際のラフプレーに注目。結果的に相手の腹部をキックする形となり、波紋が広がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング