6発ゴールラッシュ浦和、ACLグループ突破決定! 日本勢一番乗りで決勝トーナメントへ進出

浦和がACLグループ突破決定【写真:(C)AFC】
浦和がACLグループ突破決定【写真:(C)AFC】

首位通過を逃しても、2位での上位3チームに入りことが決定

 浦和レッズはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第5戦で4月27日にライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)と対戦し、6-0の大勝。この結果、グループを2位で終えた場合でも決勝トーナメントに進出することが決定した。AFC公式サイトでも16強入り決定が伝えられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前半14分に攻撃参加したDF馬渡和彰のゴールで先制すると、同39分にはFWアレックス・シャルクの鮮やかなミドルシュートで追加点を挙げた。後半に入るとMFダヴィド・モーベルグとMF小泉佳穂が得点し、さらに途中出場したMF松尾佑介が2得点して6点差の圧勝を決めた。

 この結果、浦和は5試合を終えて勝ち点10に伸ばした。今大会は東地区20チームが4チームずつ5組に分かれ、各組の首位が突破。さらに2位5チームのうち上位3チームが決勝トーナメントに進む。その2位の成績比較では、上海ポートFC(中国)の出場辞退により3チームのグループが発生したため、各組の最下位になったチームとの成績を除外して計算したうえで比較される。

 浦和は大邱FC(韓国)の結果次第で首位の可能性を残し、2位以上が確定。すでに最下位が決まった山東泰山(中国)以外との対戦が終了しているため、2位になった場合に比較される成績は「勝ち点7、得失点差プラス8」となっている。

 その浦和の成績はこの日に試合が行われたほかの2組で2位になるチームの最高成績を上回るため、首位を逃した場合にも2位での上位3チームに入り決勝トーナメントに進むことが決まった。

 浦和は現行方式の大会になってからアジア内最多タイの2回優勝を果たしている。3年ぶりの出場となった今大会、日本勢の中では突破一番乗りとなった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

【読者アンケート】22シーズン ”J1リーグ” 今季「〇〇王」は誰だ!?

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング