「老人はもう引退だ」 名手ブッフォンが大失態…パス後逸→失点の“凡ミス”に酷評の嵐「こんな姿は見たくない」

セリエBのパルマでプレーするGKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】
セリエBのパルマでプレーするGKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

セリエB・第36節ペルージャ戦でまさかのミス、味方からのパスを蹴り損ねそのまま失点

 元イタリア代表の名手ジャンルイジ・ブッフォンが犯した信じられないミスが話題になっており、海外メディアは「本当に酷い大失態」と報道。海外ファンからは「もう引退したほうがいい」「こんな姿は見たくない」といった酷評が相次いでいるようだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 44歳のブッフォンは、長年ユベントスに在籍し10度のリーグ制覇を経験。今季からプロデビューを飾ったセリエBのパルマへ復帰し、2部リーグでのシーズンを送っているなか、現地時間4月25日に行われた第36節ペルージャ戦(1-2)で、まさかのミスを犯してしまう。

 1点を先制されて迎えた前半7分、自陣ペナルティーエリア外で味方からのバックパスを処理しようとしていたブッフォンは、左足でパスを出そうするもボールを蹴り損ねて後逸。慌ててゴール前に戻るも、詰めていた相手FWマルコ・オリビエリに、がら空きのゴールへシュートを決められた。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「イタリアの伝説的な選手が本当に酷い大失態を犯してしまった」と注目し、SNS上に寄せられたファンの反応を紹介。「もう引退したほうがいい」「ブッフォンのこんな姿は見たくない」「もう引退して」「これまでの遺産を守るためにもう引退すべきだ」「老人はもう引退だ」「彼はレジェンドだけど、もう引退だ」などの声が上がったようで、イタリアサッカー史上最高との呼び声がある守護神の大失態が反響を呼んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング