韋駄天自慢を置き去り 宮市亮、圧巻の「超高速ドリブル」を元日本代表DFも称賛

横浜FMの元日本代表FW宮市亮【写真:Getty Images】
横浜FMの元日本代表FW宮市亮【写真:Getty Images】

FC東京戦でブラジル人FWアダイウトンを置き去り

 Jリーグ公式ツイッターは、定期的にこれまでのゲームで飛び出した好プレーを取り上げてきた。今回、そのうちの1つに横浜F・マリノスの元日本代表FW宮市亮が見せた超高速ドリブルが挙がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 29歳の宮市は、イングランドやドイツなどのクラブを渡り歩き、昨年7月に横浜FMへ完全移籍。昨季はリーグ戦2試合の出場にとどまり今季も開幕から3試合で出番がなかったなか、3月2日のJ1リーグ第10節ヴィッセル神戸戦(2-0)のスタメンに名を連ねると、自慢のスピードを活かしたスプリントで存在感を示した。

 4月2日のJ1リーグ第6節FC東京戦(2-1)からは3試合連続で出場。今回Jリーグ公式ツイッターが「超高速ドリブル」とスポットライトを当てたのは、リーグ戦3回目の先発出場となったFC東京戦のプレーだ。

 立ち上がりの3分、自陣のペナルティーアーク付近でこぼれ球を拾うと加速。快足で知られるFC東京のブラジル人FWアダイウトンを振り切り、敵陣のセンターサークル付近まで一気に持ち運んだ。

 このプレーに関しては、横浜FMのOBである元日本代表DF栗原勇蔵氏が「直線の長いドリブルは相変わらず速い。十分戦力になっています」と高評価。ファンからも「スピードスター」「この緩急はイカつい」「アダを置き去りはすごい」と感嘆の声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング