FC東京新鋭DF、名手イニエスタ相手の華麗プレーが反響拡大 「天才」「素晴らしい」

FC東京DF渡邊凌磨【写真:徳原隆元】
FC東京DF渡邊凌磨【写真:徳原隆元】

イニエスタを置き去りにし、チーム2点目のチャンスを演出

 FC東京は4月6日に味の素スタジアムで行われたJ1リーグ第7節でヴィッセル神戸に3-1で快勝した。25歳のDF渡邊凌磨が、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを裏街道(蹴り出したボールに対し、相手の外を回ってボールに追いつくドリブルテクニック)で置き去りにしてチーム2点目の起点となったが、反響が拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ホームのFC東京は、開幕から5試合連続でスタメン出場していたMF松木玖生が前節の退場で出場停止。10番のMF東慶悟が今季リーグ戦初先発で中盤に入った。

 前半11分に先制を許すも、FC東京は後半に怒涛の攻撃を見せる。同9分、FW永井謙佑の浮き球のパスをFWアダイウトンが頭で決めて同点とすると、そのわずか3分後だった。

 左サイドのタッチライン際でイニエスタと対峙した渡邊は、相手が右足を出してボールを奪いに来た瞬間に裏街道をお見舞い。そのままドリブルで攻め込んでペナルティーエリア内へスルーパスを送ると、永井とアダイウトンを経て、FWディアゴ・オリヴェイラにボールが渡る。D・オリヴェイラはペナルティーエリア内中央からペナルティーアーク付近へパス。DF森重真人が反応して右足を振り抜き、勝ち越しゴールが鮮やかに決まった。

 FC東京公式ツイッターが、「渡邊凌磨選手の素晴らしい突破から良いテンポでパスが繋がり、最後は森重真人選手が右足を振り抜き、逆転ゴール!!」とゴール動画を投稿。ファンからは「凌磨素晴らしすぎる」「天才」「上手いって15回くらい言った」など、改めて渡邊のプレーに驚きの声が上がっていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング