元日本代表DFがJ1序盤戦ベストイレブン選出 「思っていた以上のレベル」と評したのは?

元日本代表DF栗原勇蔵氏に序盤戦のベストイレブンを選出【画像:Football ZONE web】
元日本代表DF栗原勇蔵氏に序盤戦のベストイレブンを選出【画像:Football ZONE web】

【栗原勇蔵の目】鳥栖GK朴一圭は完全にチームリーダー 川崎DF谷口のオーラも必見

 2022年シーズンのJ1リーグは、3月の代表ウィーク突入までに48試合が行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響による活動休止、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場による先行開催など、消化試合にバラつきはあるが、元日本代表DF栗原勇蔵氏に序盤戦のベストイレブンを選出してもらった。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 ここまでは、川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズと力がある3チームが上位になっていますけど、全体的に見ると「混戦」の印象です。

 もうメンバーのネームバリューだけじゃ勝敗を占えない時代で、戦術とサッカーの質が大事なのは、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを筆頭に、あれだけの戦力を誇るヴィッセル神戸が7戦未勝利(4分3敗)という結果を見ても分かると思います。

 選手個人レベルでも、「飛び抜けた選手はいなかった」感は否めませんが、パフォーマンス、チームへの貢献度、期待値を含めて11人を選びました。

<GK>
■朴 一圭(サガン鳥栖)
年齢:32歳
Jプロ歴:9年目
今季成績:5試合2失点(出場450分)

 オフにあれだけ選手を引き抜かれた鳥栖が暫定7位につけられているのは、リーグ最少タイの2失点という守備が大きいと思います。そのなかで、所属3年目を迎えたパギ(朴の愛称)は、プレーだけではなく、メンタル面で見ても完全にチームリーダーになっている。身長(180センチ)に対して手が長く、足元の技術もあって、GKとして非常にバランスがいいですよね。

 ダッシュスピードが速いので、裏のカバーリング能力も高い。GKは1つ判断ミスしたら退場、失点につながるポジションですが、パギは難しい局面でも判断ミスが少ない。それが数字(結果)にも表れていると思います。

<DF>
■アレクサンダー・ショルツ(浦和レッズ)
年齢:29歳
Jプロ歴:2年目
今季成績:7試合1得点(出場544分)

 対人の強さ、189センチの長身を生かしたヘディング、機を見た攻め上がりもあって、浦和の守備の軸と言える存在です。7試合で2勝1分4敗とチームとしては勝ち星に恵まれなかったところはありますが、個人パフォーマンスの質は評価されていいでしょう。

■谷口彰悟(川崎フロンターレ)
年齢:30歳
Jプロ歴:9年目
今季成績:7試合0得点(出場630分)

 今季の川崎は攻められる回数も少ないないなかで、どしっと構えるオーラが出てきて、日本代表を背負っている選手になってきた印象です。もともと身体能力、技術、キャプテンシーを兼ね備えた選手。ジェジエウが怪我でいない状況下でも、山村(和也)ら周囲をうまく動かして、守備を支えています。

■實藤友紀(横浜F・マリノス)
年齢:33歳
Jプロ歴:12年目
今季成績:3試合1得点(出場270分)

 開幕直後、サネは試合には出ていませんでした。でも、ケヴィン・マスカット監督の難しい戦術の中で、ピッチに立った試合はハイパフォーマンスを披露している。守備がいいし、3バックでも4バックでも対応できる点はもちろん、一番は第4節の北海道コンサドーレ札幌戦(1-1)の劇的なオーバーヘッド弾ですよね。

 サネのストライカーのようなゴール感覚は、ほかのチームのディフェンダーにはないもの。年間を通して出場できれば、4~5点を取ってもおかしくない。セットプレーから得点を取れる選手が減っている現在で、勝ち点をもたらせる貴重な存在だと思います。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド