「タキ、結婚? それともユニフォーム?」 南野拓実、豪州戦で女性サポーターが熱烈ラブコール「美女の愛情攻勢」と話題

日本代表FW南野拓実【写真:Getty Images】
日本代表FW南野拓実【写真:Getty Images】

日本代表ユニフォームを着た女性サポーターに脚光「TAKI MARRIAGE OR SHIRT?」

 森保一監督率いる日本代表は、3月24日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第9節オーストラリア戦に2-0で勝利し、7大会連続のW杯出場を決めた。先発出場したFW南野拓実(リバプール)はノーゴールで途中交代となったなか、試合終了後のシーンが海外メディアでも取り上げられている。

 オーストラリア戦では3トップの左ウイングに入った南野。前半28分、ペナルティーエリア内で2度の切り返しから右足シュートを放つも、枠を捉えられず。さらに同32分、FW伊東純也(ヘンク)の右サイドのクロスから南野が頭で合わせたが、ボールはクロスバーに当たってしまった。同37分にDF長友佑都(FC東京)の左サイドのクロスから中央で南野が合わせた場面もクロスバーに嫌われた。

 スコアレスで折り返した後半も一進一退の攻防が続いたなか、森保監督は同19分に浅野に代わってFW上田綺世(鹿島アントラーズ)、長友に代わってDF中山雄太(ズウォレ)を投入。さらに後半39分、南野に代わって三笘が入ると、その三笘が後半44分から5分間で2ゴールを挙げ、2-0で勝利して7大会連続のW杯出場を決めた。

 南野はチーム最多のシュート8本(うち枠内3本)を放ったが、最終的にノーゴール。そのなかで、韓国紙「朝鮮日報」は「日本が7大会連続のW杯出場を決めたなかで、南野拓実へ向けたある美女の愛情攻勢が話題になっている」と見出しを打ち、スタンドに駆けつけていたある女性サポーターについて取り上げた。

「南野はゴールを挙げられなかったが、クロスバーを2回直撃するなど、日本の攻撃陣で存在感を示した。面白いのは、この日ゴールを決めた三笘より、南野が注目を集めた点だ。理由はスタンドの美女サポーターだ。日本代表のユニフォームを着たあるサポーターが、赤い字で『TAKI MARRIAGE OR SHIRT?(タキ、結婚? それともユニフォーム?)YNWA(You’ll Never Walk Aloneの略。君は1人じゃない)』というメッセージが書かれた紙を持っていた」

 記事は、「果たして、この美女サポーターは南野の答えを受け取ったのだろうか」と興味津々の様子で締めくくられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド