「どういう神経?」 ロシア、28年と32年EURO開催に立候補で怒りの声殺到「あり得ない」

ロシアに対して批判の声が集まっている【写真:Getty Images】
ロシアに対して批判の声が集まっている【写真:Getty Images】

ウクライナへの軍事侵攻を受けて、ロシアは国際大会から除外

 欧州サッカー連盟(UEFA)が現地時間3月23日、ロシアが2028年と2032年に行われる欧州選手権(EURO)の開催地に立候補していると発表したなか、ロシアに対して批判の声が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 UEFAは同日、28年のEUROに関して「イングランド、北アイルランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの各サッカー協会が共同で関心表明書を提出した」と発表。また「ロシアとトルコは、28年大会と32年大会の開催に関心があることを表明し、イタリアは32年大会に立候補」と報じた。

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受けて両国の損害は拡大の一途を辿っている。ロシアは国際大会への出場が一時的に禁止されており、カタール・ワールドカップ(W杯)予選予選から除外。世界中が制裁強化の動きに乗り出すなか、ロシアの2大会連続の開催立候補を受けて、ネット上では「却下に決まってる!」「十数年は五輪、W杯はあり得ない」「どういう神経?」「何かのギャグ?」と、怒りと驚きの声が続々と上がっている。

 なお28年と32年のEURO開催地は、23年9月に決定される予定となっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング