中村俊輔の“投入27秒アシスト”「ただただ美しい」と話題 桐光学園ホットライン弾に「ワールドクラス」

横浜FCでプレーするMF中村俊輔【写真:Getty Images】
横浜FCでプレーするMF中村俊輔【写真:Getty Images】

中村俊輔→小川航基のコンビで決勝弾、横浜FCが水戸に3-2逆転勝利

 横浜FCが3月13日のJ2リーグ第4節水戸ホーリーホック戦で3-2と逆転勝利を飾り、元日本代表MF中村俊輔が途中出場から27秒後にアシストをマークすると、Jリーグ副理事長の原博実氏やファンから称賛の声が相次いでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は開始5分にFW木下康介、同15分にMF森勇人のゴールで連続失点。0-2と劣勢のまま前半を折り返した横浜FCだったが、後半に底力を発揮する。後半5分にFW小川航基が反撃の狼煙となるゴールを決めると、同16分にはFW伊藤翔が同点ゴールを奪って試合を振り出しに戻す。

 迎えた後半38分、横浜FCは左コーナーキックのチャンスで名キッカーの中村を投入。ピッチに入るとすぐさま小走りで左コーナーフラッグへ向かい、素早くボールをセットし、左足から高精度のボールを送る。そのクロスはゴール前の小川にピタリと合い、高い打点の一撃を突き刺した。中村がピッチに足を踏み入れてから約27秒後のアシストに多くの人が魅せられたようだ。

 その1人がJリーグ副理事長の原氏だ。自身のツイッターを更新し、「俊輔さすがの一振り!! 小川航基コンディション戻って来ている!」と絶賛している。またSNS上では「ただただ美しい」「ワールドクラス」などの声が並んだ一方、「中村俊輔→小川航基って桐光学園ファンからしたら激アツ」と“桐光学園ホットライン”にも注目が集まっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング