岡山新助っ人、圧巻の「ビューティフルFK」弾に感嘆の声 「うまい」「J2にいたらダメ」

岡山DFヨルディ・バイス(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】
岡山DFヨルディ・バイス(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】

ヨルディ・バイスが技ありの直接FK弾で先制

 ファジアーノ岡山は、3月5日のJ2リーグ第3節で栃木SCと対戦。新加入のDFヨルディ・バイスが華麗なフリーキック(FK)弾で先制点を決め、注目を集めている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 開幕2試合は1勝1分スタートで3位につける岡山は、1勝1敗で13位の栃木と対戦。前半をスコアレスで折り返したなか、後半2分にFWチアゴ・アウベスが相手MF西谷優希に倒され、ペナルティーエリア手前でFKを獲得する。

 このキッカーを務めたヨルディ・バイスがコンパクトに右足を振り抜くと、横回転がかかったボールはゴール左に決まり、岡山が先制点を奪った。

 スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが、「ビューティフルFK」とゴールシーンを公開すると、ファンからは「バイス、J1でやって」「うまいなあ~」「J2にいたらダメ」「助走なしで強いボール蹴る」といった驚きの声が相次いでいる。

 2018年の来日以降、V・ファーレン長崎、徳島ヴォルティス、京都サンガF.C.と渡り歩いてきたヨルディ・バイス。新天地の岡山でも活躍を見せてくれそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング