横浜FM・仲川輝人、絶好チャンスも“ノータッチ” 神戸戦の“咄嗟の判断”が「すごい」と話題

横浜FMのFW仲川輝人【写真:Getty Images】
横浜FMのFW仲川輝人【写真:Getty Images】

絶好機の場面でボールに触れなかったワンシーンへ注目

 横浜F・マリノスは3月2日に行われたJ1リーグ第10節でヴィッセル神戸と対戦し、2-0の快勝を収めたなか、前半に訪れたチャンスの場面で、FW仲川輝人の見せた咄嗟の判断が話題に。「判断素晴らしい」「触らない判断できるのすごい」と注目を集めている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 仲川は2019年にJ1リーグ33試合15得点のハイパフォーマンスでJリーグMVP(最優秀選手賞)と得点王をダブル受賞した。ここ2シーズンはリーグ戦2得点にとどまったものの、今季はここまで3試合3得点と復活の兆しを見せているなか、神戸戦で見せた咄嗟の判断が話題となっている。

 0-0で迎えた前半19分、FW宮市亮からのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んでいたFWアンデルソン・ロペスが合わせるも、相手DFがブロック。そのこぼれ球に再びA・ロペスが反応し、ゴールへ押し込もうとしたがボールはわずかにゴール左へ流れた。

 この場面で、ファーサイドにいた仲川はオフサイドポジションにいたため、咄嗟の判断でスルー。ボールがゴールラインを通過してしまうと、思わずピッチに倒れ込んだ。

 この一連のプレー動画を、Jリーグ公式ツイッターが「触ったらオフサ、あぁ…」と綴り公開。ファンから「触らない判断できるのすごい」「ゴール前で冷静」「テルの判断素晴らしい」といった声や仲川のリアクションに対し「可愛い」「このシーン大好き」という声も上がるなど、ボールへの“ノータッチシーン”へ熱視線が注がれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング