西野監督に「もう帰れと」 ベテラン家長が告白、ガンバ時代の“若かりし頃”赤裸々エピソード

川崎MF家長昭博【写真:Getty Images】
川崎MF家長昭博【写真:Getty Images】

元日本代表FW播戸竜二の公式YouTubeチャンネルにゲストで登場

 元日本代表FWで、現在はサッカー解説者として活躍する播戸竜二氏は、公式YouTubeチャンネル「播戸竜二のおばんざい屋」で、川崎フロンターレの元日本代表MF家長昭博と対談。ほかの選手たちからも一目置かれる35歳のベテランは、若き日は監督の言うことも「あまり聞いてなかったかもしれない(苦笑)」と赤裸々に明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「播戸竜二のおばんざい屋」では、人気企画「播対談」で元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)をゲストに迎え、熱い思いを語り合った動画が133万回以上再生されるなど、サッカーファンを中心に大きな注目を集めている。

 今回、播戸氏との対談ゲストに登場したのはガンバ大阪(2006~07年)、セレッソ大阪、大宮アルディージャ(15~16年)と3チームでプレーするなど、親交の深い家長だ。

 プロ1年目の04年はリーグ戦8試合1得点に終わった家長。播戸氏から「サブやったのにアップも全然せんかったもんな」と突っ込まれると、「あんな1年目のヤツいないです(笑)」と笑顔で返答。さらに、播戸氏は「思い出させるのはA3(チャンピオンズカップ)。帰らされてましたよ、西野さんに」と3年目の06年を振り返った。

 A3チャンピオンズカップは、当時Jリーグ王者、韓国Kリーグ王者、中国スーパーリーグ王者、開催国枠としてナビスコカップ(現ルヴァンカップ)王者が出場。06年は8月に日本の国立競技場を舞台に、ガンバ大阪、大連実徳(中国)、蔚山現代(韓国)、ジェフユナイテッド千葉が総当たりリーグ戦で激突した。

 この大会で2試合に出場した家長だが、「スタメンで出てて、前半40分くらいに代えられて、代えられたあとに、そのままもう帰れみたいな感じに言われて『ええ、帰ります…』みたいな(苦笑)」と回顧。播戸氏から「ふてこかった(不愛想・態度が悪い)からやろ?」と問われると、「どうですかね。でも、あまり(監督の)言うことは聞いてなかったかもしれないです(苦笑)」と当時の自分について言及した。

 そのほかにも、昨季まで川崎でチームメイトだった日本代表MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、DF旗手玲央(セルティック)の印象についても語られている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング