「スコットランド異世界」 セルティック旗手、サポーターと“歓喜のダンス”…レンジャーズ戦後の熱狂シーンが話題

大きなインパクトを残した旗手怜央【写真:Getty Images】
大きなインパクトを残した旗手怜央【写真:Getty Images】

レンジャーズ戦で2ゴール1アシストの活躍、試合後の1シーンへファン注目

 スコットランド1部セルティックの日本代表MF旗手怜央は、現地時間2月2日に行われたホームでのリーグ第22節レンジャーズ戦で2ゴール1アシストの活躍を見せ、3-0の勝利に貢献。試合後、サポーターとともに歓喜を分かち合ったシーンが話題となっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 宿敵レンジャーズとの大一番「オールドファーム」で、旗手は4試合連続でスタメン出場。前半5分、コーナーキックの流れから先制ミドルを叩き込むと、同42分にはペナルティーエリア手前から右足でコントロールショットを突き刺す。さらにその2分後、敵陣左サイドからのクロスでFWリエル・アバダのゴールをお膳立てし、前半だけで2ゴール1アシストと躍動した。

 セルティックの全得点に絡みこの試合の“ヒーロー”となった旗手は試合後、歓喜に酔いしれたセルティックサポーターとともに“歓喜のダンス”を披露。スタンドのファンの目の前で先頭に立ち、チームメイトとともに両手を交互に上下しながら踊り、笑顔も覗かせた。

 スタジアム中に響き渡った大声量の歌声に合わせて踊る光景は、まさに鳥肌もの。一体感が醸し出された熱狂シーンに、国内ファンからは「素晴らしい景色」「スコットランド異世界」「生で見たくなる光景」「現地で味わいたい」「羨ましい」などの反応が寄せられ、熱きムードの中で歓喜を味わう旗手の姿が注目されていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング