モラタ獲得の線は消滅 積極補強のバルサ、元スペイン代表FWジエゴ・コスタにオファー提示

元スペイン代表FWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】
元スペイン代表FWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

アルバロ・モラタの線は消え、ジエゴ・コスタ獲得に本腰

 スペイン1部FCバルセロナが、先日ブラジル1部アトレティコ・ミネイロを退団してフリーエージェントとなった元スペイン代表FWジエゴ・コスタを獲得する可能性が浮上している。スペイン紙「スポルト」によれば、すでにオファーを出したという。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今冬の移籍市場で積極的な補強に乗り出しているバルセロナ。サンパウロを退団したブラジル代表DFダニ・アウベスをフリーで、マンチェスター・シティからスペイン代表FWフェラン・トーレスを5年契約で獲得したのに続き、1月29日にはイングランド1部ウォルバーハンプトンから下部組織出身のスペイン代表FWアダマ・トラオレを買い取りオプション付きのレンタルで獲得を決めた。

 そして、さらなるFWの獲得にも動いている。アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンへすでにオファー済みとも報じられていたなかで、今度はコスタにもオファーを送ったという。

 アトレティコ・マドリードやチェルシーなどで活躍した33歳のコスタは、昨夏に加入したブラジルのアトレティコ・ミネイロを1月に退団したばかりで現在は無所属。フリーでの獲得が可能となっている。

 ほかにも、アトレティコ・マドリードからユベントスへ期限付き移籍中のスペイン代表FWアルバロ・モラタもバルサの補強候補として名前が挙がっていたが、「スポルト」紙によればモラタの線はすでに消えているという。

 シャビ・エルナンデス監督の下で再建途中のバルサ。フランス代表FWウスマン・デンベレの退団も確実と言われるなか、なりふり構わぬ補強策でチームにさらなる変化を加えようとしている。新たにやってくるストライカーは一体誰になるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング