移籍後初ゴールの旗手怜央は「トップレベルに到達できる」 セルティック監督はさらなる活躍を期待

ポステコグルー監督がゴールを決めたDF旗手怜央について言及【写真:Getty Images】
ポステコグルー監督がゴールを決めたDF旗手怜央について言及【写真:Getty Images】

デビュー戦でマン・オブ・ザ・マッチの旗手、2戦目では加入後初ゴールを記録

 スコットランド1部セルティックのDF旗手怜央は、現地時間1月26日にアウェーで行われたリーグ第23節ハーツ戦に先発出場し、2得点に絡む活躍で2-1の勝利に貢献した。前節のハイバーニアン戦(2-0)でマン・オブ・ザ・マッチに選出され、2戦目で加入後初ゴールを挙げた旗手だが、指揮官はさらなる活躍を期待している。スコットランド紙「ザ・ヘラルド」が報じている。

 ハーツ戦の前半27分、旗手は相手陣内でボールを持ち上がり、約25メートルの距離から強烈なミドルシュートをゴールに突き刺した。さらに、その8分後には中央でボールを持ち、右サイドにボールを展開。旗手のパスを受けたMFマット・オライリーのクロスを、ギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスがゴールに流し込み、追加点を挙げた。その後に1点を返されたセルティックだが、2-1で勝利している。

 加入直後にもかかわらず、2試合連続でチームを勝利に導く活躍を見せた旗手。だが、さらにコンディションが良くなってキレが増し、新たな環境に溶け込むことができれば、より大きな活躍を見せてくれると指揮官は確信しているようだ。

「ザ・ヘラルド」紙によると、アンジェ・ポステコグルー監督は、「レオは、先月、70分間しかプレーしていない。彼はもっとできるよ。まだ始まったばかりだ。簡単なことではない。彼は最初の試合でとても高いハードルを自分で作った。でも、彼はトップレベルに到達できる決然とした若い男だ」とコメントしている。

 日本代表FW古橋亨梧やMF井手口陽介が負傷、日本代表にFW前田大然、オーストラリアにMFトム・ロギッチが招集されて不在の状況は、旗手にとっては自身の価値をアピールする大チャンスでもある。加入2試合で強烈な存在感を放っている若武者のさらなる活躍を、指揮官はもちろん、ファンも期待している。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング