「衝撃の一撃」無回転弾のセルティック旗手を現地紙称賛 チームトップタイの高評価

ハーツ戦で先制ゴールを決めたMF旗手怜央【写真:Getty Images】
ハーツ戦で先制ゴールを決めたMF旗手怜央【写真:Getty Images】

第23節の敵地ハーツ戦にスタメン出場した旗手が移籍後初ゴール

 スコットランド1部セルティックのMF旗手怜央は、現地時間1月26日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第23節の敵地ハーツ戦(2-1)に先発出場し、前半27分に強烈なミドルシュートで移籍後初ゴールを決めた。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたデビュー戦に続く活躍で、地元紙「スコティッシュ・デイリー・エクスプレス」の採点ではチームトップタイの9点が付く高評価となった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 得点源である日本代表FW古橋亨梧を怪我で欠き、オーストラリア代表MFトム・ロギッチ、日本代表FW前田大然が代表戦のため不在で戦力低下が危惧されていたなか、試合の均衡を破ったのは4-3-3の中盤の一角でスタメン出場していた旗手の目の覚めるような一撃だった。

 前半27分、相手陣内でボールを奪ったボールが旗手に渡ると、24歳のMFはそのままドリブルで前線へ持ち運ぶ。そしてプレスがこないことを確認すると、ゴールまで約25メートルという距離から右足を一閃。シュートはゴール左隅に突き刺さった。

 これでデビュー2戦目にして移籍後初ゴール。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた前節ハイバーニアン戦(2-0)に続く強烈なインパクトを残した。この日は後半アディショナルタイムに交代するまで90分間プレーし、2-1での勝利に貢献した。

「スコティッシュ・デイリー・エクスプレス」の採点で旗手は新加入MFマット・オライリーと並ぶチームトップタイの9点「(ハーツGK)クレイグ・ゴードンを破る衝撃の一撃をホームチームのゴールへ打ち込んだ。ハーツのプレッシャーの中、ピッチの中央で冷静さを発揮し、多くの個人戦に勝利して攻撃を作っていた」と、その働きが絶賛されている。

 攻守両面で存在感を示しながら、待望の初ゴールも決めた旗手。デビュー戦でのハイパフォーマンスが決してフロックでなかったことをアウェーのピッチで証明して見せた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング