「一番悔しい思いをしてきた」 3冠達成の青森山田、エース松木玖生を奮い立たせた“リベンジ心”

青森山田高校主将のMF松木玖生【写真:中戸川知世】
青森山田高校主将のMF松木玖生【写真:中戸川知世】

決勝で大津を4-0で破り、3年ぶり3回目の優勝を達成

 第100回全国高校サッカー選手権は1月10日に決勝戦が行われ、青森山田(青森)が大津(熊本)を4-0で下し、3大会ぶり3回目の優勝を果たした。2年連続の準優勝となっていたなか、黒田剛監督、そして主将のMF松木玖生(3年)はリベンジ達成への感慨を語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 今大会の青森山田は2回戦から登場して1月8日の準決勝までの4試合を17得点2失点で勝ち上がり、インターハイと高円宮杯U-18プレミアリーグEASTを優勝した今年度、この選手権と合わせての3冠を狙ってきた。

 その青森山田は、黒田監督が「国立で1試合やった経験をポジティブに捉えながら、前半から1年間やってきたプレッシングサッカーをとことんやろう」と選手たちを鼓舞して試合に入った。そのとおりに大津を押し込んで試合を進めると、前半37分、コーナーキック(CK)からDF丸山大和(3年)が先制点を奪った。

 このCKを取るのにつながるプレーがあった松木は、「チームの勢いがなくなってきていたので、仕掛けてコーナーを取るようなクロスを上げて、そのコーナーから得点ができたのが一番だったと思う」と振り返った。

 松木にとっては1年生から試合に出場し、2大会前は卒業後に浦和レッズ入りしたMF武田英寿を中心にしたチームで準優勝。前回大会は同じく卒業後に浦和入りしたDF藤原優大を擁したチームで準優勝と、あと一歩で頂点を逃してきた。それだけに「全国で自分が一番、この選手権で悔しい思いをしてきた。このチームで優勝できると思っていたし、チームメイトに感謝している」と、その思いを語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング