「和の感じでお上品」 J2徳島、“渦潮”モチーフの新ユニフォームデザインが好評「カッコいい」

徳島が新ユニフォーム公開(※写真は昨季のものです)【写真:Getty Images】
徳島が新ユニフォーム公開(※写真は昨季のものです)【写真:Getty Images】

徳島が2022年シーズンのユニフォームデザインを発表

 新シーズンはJ2で戦う徳島ヴォルティスは1月10日、2022年シーズンのユニフォームデザインを発表。クラブ公式SNSが動画を公開すると、「カッコいい」「いいデザイン!」「柄が和の感じでお上品」と反響を呼んでいる。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 新しいホームユニフォームは深みのある青を基調とし、力強い鳴門海峡の“渦潮”を採用。柔らかく暖かな緑のラインが、水面に差し込む太陽の明るい光を表している。また、緑のラインには「∞(無限)」の意味も込めており、クラブの成長は無限であることと、徳島ヴォルティスが秘める無限の強さという意味合いが込められているようだ。

 アウェーユニフォームはでは白をベースにホームと同様の“渦模様”が描かれ、青紫色の滑らかなラインで同様のアクセントが加えられている。

 クラブ公式SNSが「2022シーズンはこのユニフォームを身に纏い、渦潮のように力強く、そして明るい未来に向かって戦うことを目指します」と添えてホームユニフォームのデザイン発表動画を公開。すると、ファンからは「いいデザイン!」「柄が和の感じでお上品」「カッコいい」「緑が生えるねえ」と好評で、モデルを務めたMF杉森考起にも「イケンメすぎるやろがい笑」「杉森くんかっこよすぎて途中そっち見てしまった…」と注目が集まっていた。

 昨季はクラブ史上2度目のJ1を戦ったが健闘及ばず降格となった徳島。新シーズンはJ2でのスタートとなる。1年でのJ1復帰を目指し、新たなユニフォームを纏った徳島の“渦潮のように力強く”飛躍する姿に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング