名古屋助っ人FWシュヴィルツォク、退団の可能性浮上 海外報道「GMが粛清を望んでいる」

名古屋FWヤクブ・シュヴィルツォク【写真:ⓒAFC】
名古屋FWヤクブ・シュヴィルツォク【写真:ⓒAFC】

昨夏に加入後、得点源として機能しリーグ戦14試合7得点をマーク

 名古屋グランパスのポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクの去就について、海外メディアは退団の可能性を報じた。昨夏に加入後、得点源として機能した助っ人ストライカーの動向について、「ヨーロッパに戻ることになるのか?」と注目している。

 29歳のシュヴィルツォクは、昨年7月20日にポーランドのGKSピアスト・グリヴィツェから完全移籍で名古屋へ加入。昨夏の欧州選手権(EURO)にも出場したポーランド代表の実力者で、抜群の得点センスとテクニックを武器にゴールを重ね、昨季リーグ戦14試合7得点をマークした。

 チームの得点源としてさらなる活躍が期待される一方で、昨年12月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でドーピング違反の物質が検出されたことが判明。クラブ側は別の検体(B検体)での再分析を要請したうえで、結果が確定するまでの間の暫定措置として同選手のサッカー関連活動の停止を発表した。

 処遇の発表が待たれるなか、ポーランドの複数メディアがシュヴィルツォクの去就動向を報道。「futbolnews」は「シュヴィルツォクの雇い主は、このスナイパーをもう見ていないことが判明した。ヨーロッパに戻ることなるのか?」と退団の可能性を報じている。

 記事ではその詳細にも触れられ、「山口素弘ゼネラルマネジャー(GM)が粛清を望んでいる。すでに監督と何人かの選手を処分しているが、次はヤクブ・シュヴィルツォクだ」と指摘。名古屋側が契約解除を望む理由については「高額な契約」が挙げられ、「彼(シュヴィルツォク)が最終的に名古屋グランパスを去りたいかどうかによって、多くのことが決まる」と記している。

 また、「アタッカーの体内からドーピングが確認されれば、それは1つの意味を持つかもしれない。ヤクブ・シュヴィルツォクは日本の冒険をもっと早く終わらせるだろう」とも綴られ、トーピング再検査の結果次第では、名古屋を去ることになるとの見解も示した。

 名古屋は1月9日、22年シーズンのトップチーム新体制を発表。選手リストの中にシュヴィルツォクの名前は記されているが、グランパスの一員としてプレーする姿は見られるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング