「ほんとに高校生?」 青森山田エース松木玖生が“衝撃ゴラッソ”…高川学園戦の圧巻ゴール話題「もうプロやん」

青森山田エースMF松木玖生【写真:小林 靖】
青森山田エースMF松木玖生【写真:小林 靖】

後半12分に生まれた閃きとテクニックが光った得点シーンが反響

 第100回全国高校サッカー選手権は1月8日に準決勝が国立競技場で行われ、青森山田(青森)が高川学園(山口)を6-0で下し、決勝へ進出。ゴールラッシュとなったなか、エースMF松木玖生(3年)がマークした圧巻ゴールに対し、ファンからは「ほんとに高校生?」「サラーみたい」「もうプロやん」など、驚きの声が上がっている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 今年度、インターハイと高円宮杯U-18プレミアリーグEASTを優勝し、選手権と合わせて3冠獲得を狙う青森山田は、前半にセットプレーから2得点。後半に入るとさらに攻勢を強め、松木、FW小湊絆(2年)、DF丸山大和(3年)、MF田中栄勢(3年)が得点し、圧勝となった。

 大量6ゴールが生まれたなかでも、後半12分に生まれた”10番”松木のゴラッソが話題となっている。敵陣深くのペナルティーエリア(PA)右付近で、相手選手とルーズボールを競り合った松木は右足の踵(かかと)でボールを背後へ流す。この動きについていけなかった相手を尻目に、そのままエリア内へ侵入すると左足を一閃。ファーサイドへシュートを突き刺して見せた。

 一瞬の閃きと高度なテクニックが光ったこのゴラッソ弾は、SNS上で反響。高校サッカー日テレ公式ツイッターには「ほんとに高校生? 凄すぎる」「これはヤバすぎ」「サラーみたい」「このターンはエグすぎる」「まじで上手すぎ」「もうプロやん」といった驚愕の声が続々と寄せられた。

 1年時からそのポテンシャルの高さが注目され、高校卒業後はFC東京入りが内定している松木。期待の逸材タレントが決めた衝撃の一撃は、今大会ベストゴールの1つと言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング