「日本一のキャプテンにする」 高川学園、“代理主将”が悔いた果たせなかった夢

ベスト4敗退の高川学園【写真:小林 靖】
ベスト4敗退の高川学園【写真:小林 靖】

準決勝で青森山田に0-6と完敗

 第100回全国高校サッカー選手権は1月8日に準決勝が行われ、高川学園(山口)は青森山田(青森)に0-6の完敗となった。それでも、江本孝監督は「セットプレーや役割のところを皆が考えながら準備ができた」と、話題になったことも含めて選手たちの自主性を称えた。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 高川学園はDF奥野奨太主将が選手宣誓を行うクジを引いたものの、自身は左膝を負傷していて選手としての大会出場は叶わなかった。大会開幕前のチーム状態は良くなかったが、この大会の主将を務めたMF北健志郎を中心にしたチームは、コーナーキックなどのセットプレーで受け手の選手たちが手をつないで輪になって回る「トルメンタ」など、大きな話題を呼んだ。

 2回戦からの3試合は1点差の劇的な勝利を積み重ねたが、高校3冠を目指す青森山田とは力の差はあった。江本監督も「まず、相手チームの青森山田高校の力、素晴らしいチームだったと思う」と話した。

 この準決勝自体は、青森山田のハイプレスに苦しんで良さを発揮できる場面は少なかった。話題を呼んできたセットプレーも、コーナーキック(CK)を1本も獲得できなかったことで披露できずに終わった。江本監督は「青森山田とは日常が違うと感じた。もっと激しく、厳しく、しのぎを削るようなトレーニングを積み重ねないといけない」とも話したが、勝ち上がる過程にしっかりと意味があったと話している。

「1人1人が物事を考えて判断していく取り組みが、この選手権でもセットプレーや役割のところを皆が考えながら準備ができて、ある程度の結果が出たのではないかと思う」

 また、北は「本当に大会が始まってからチームの思いが1つになって、毎試合、この1年間でも今までできなかったようなこともできたし、チームとしての成長を感じた」と話す。そして、本来のキャプテンである奥野に対して、「奥野を国立に連れていこうとチームが1つになれた。それで勢いに乗れたと思う。準決勝が決まった後、日本一のキャプテンにすると思っていたけど、負けてしまったので申し訳ないと伝えたら、ありがとうと言ってくれたので良かった」という思いも語った。

 この高校選手権では、高川学園のセットプレーをはじめとした海外でも話題になるようなプレーがいくつも生まれた。過去の大会でも、工夫を凝らしたセットプレーが話題になった例も少なからずある。そうした、サッカーを楽しみながらも本気で勝利を目指すための自主性という、高校サッカーの良さを高川学園は準決勝まで存分に披露したと言えるはずだ。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング