高校サッカー4強の関東第一、準決勝出場辞退 選手2名から新型コロナ陽性反応

関東第一が準決勝を辞退【写真提供:オフィシャルサポート】
関東第一が準決勝を辞退【写真提供:オフィシャルサポート】

大津高校が決勝に進出

 日本サッカー協会(JFA)は1月7日、高校サッカー選手権でベスト4へ進出している関東第一(東京B)が、8日に行われる準決勝を辞退すると発表した。選手2名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められたため、準決勝で関東第一と対戦する予定だった大津(熊本)が決勝に進出することとなる。

 JFAによると、準決勝を前に、進出した4チームを対象に大会前に定められた検査を行った結果、関東第一の選手2名から新型コロナウイルスの陽性反応が判明。現時点において、スタッフも含めて当該者以外からの体調不良の報告はないという。

 これにより、大会感染対策ガイドラインの内規に則り、正規登録チーム(選手30名及びチーム役員)に代わり予備登録チーム(選手14名及び正規登録チーム以外のチーム役員)での出場について、関東第一およびサッカー部の関係者で検討した結果、準決勝の出場を辞退。対戦予定だった大津が決勝に進出することとなった。

 なお、その他の3チームは全員の陰性が確認されており、引き続き、健康観察を継続しつつ、検査体制の強化および感染防止対策の徹底により、準決勝・決勝を開催するとしている。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング