コウチーニョ、英アストン・ビラへ移籍発表 “英雄”ジェラードと再会…約4年ぶりのプレミア復帰

ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】
ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

今季終了までのローン移籍、契約には買取オプションが含まれる

 プレミアリーグのアストン・ビラは1月7日、バルセロナからブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを今季終了までのローン移籍で獲得したと発表した。リバプール時代にチームメイトだったスティーブン・ジェラード監督と再会を果たす。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 昨シーズンは怪我でシーズンの大半を棒に振ったコウチーニョ。復活が期待された今季も出番は限られ、公式戦16試合の出場(2得点)にとどまっていた。

 移籍の噂が絶えなかったなか、アストン・ビラへの期限付き移籍を決断。契約には買取オプションが含まれる。

 コウチーニョは2013年1月から18年1月までリバプールで活躍。現アストン・ビラ指揮官のジェラード監督とはチームメイトだった。バルセロナでは受難の時を過ごした29歳は約4年ぶりのプレミアリーグで復活を遂げることはできるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング