レアル戦の「2022年最もコミカルなゴール」に海外仰天 「信じられないようなシーン」

アルコヤーノと対戦したレアル(※写真はイメージです)【写真:AP】
アルコヤーノと対戦したレアル(※写真はイメージです)【写真:AP】

レアルがアルコヤーノに3-1と勝利、3点目のシーンに海外メディア注目

 スペイン1部レアル・マドリードが、現地時間12月5日のスペイン国王杯3回戦でアルコヤーノ(3部相当)と敵地で対戦し3-1と勝利。レアルの3点目が「2022年で最もコミカルなゴール」と海外メディアの注目を集めている。

 試合は前半39分、CKからDFエデル・ミリトンが合わせてレアルが先制。しかし後半21分、レアルの左サイドから崩されると、豪快な一撃を叩き込まれて1-1の振り出しに。それでも地力で勝るレアルは、同31分にFWマルコ・アセンシオのゴールで勝ち越し、同33分にアルコヤーノのオウンゴールで勝負が決した。

 英メディア「GIVEMESPORT」は「レアル・マドリードの3点目は2022年のなかで最もコミカルなゴール」と報じている。

 レアルの3点のシーンでは、アルコヤーノの選手が自陣エリア内でボールをクリアしようと試みるも、チームメイトに当たってふわりと浮き上がる。こぼれ球に反応したレアルMFイスコが相手GKと1対1になり、ワンタッチでかわしにかかるもGKと衝突。そのまま2人がピッチに倒れ込み、GKホセ・フアンのスパイク裏に当たってボールは無人のゴールへ。DFがカバーに入るも間に合わず、そのままオウンゴールとなった。

 記事では「信じられないようなシーン。2022年の最もコミカルなゴールの候補」と伝えており、反響が広がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング