サンタ・クララ守田英正、英2部ハル・シティ移籍か 現地報道「6.5億円でイングランドへ」

サンタ・クララでプレーするMF守田英正【写真:Getty Images】
サンタ・クララでプレーするMF守田英正【写真:Getty Images】

ポルトガル1部でプレーする守田、19位と苦戦するハル・シティが白羽の矢

 ポルトガル1部サンタ・クララに所属する日本代表MF守田英正の獲得に向けて、イングランド2部ハル・シティが500万ユーロ(約6億5000万円)で動いているようだ。ポルトガル紙「O Jogo」が伝えた。

 現在26歳の守田は2018年に川崎フロンターレへ加入し、リーグ優勝2回、ルヴァンカップ優勝1回、天皇杯優勝1回を経験。21年1月から海を渡り、ポルトガルで挑戦を続けている。

 記事では「500万ユーロで守田がイングランドへ」と見出しを立て、「日本人MFはサンタ・クララと2024年まで契約しているが、新オーナーを迎えたハル・シティがビジネスに動き出した。サンタ・クララのMF守田英正が、500万ユーロの契約でハル・シティに移籍することになった」と伝えている。

 守田は今季公式戦で23試合2ゴールの結果を残し、昨年12月30日のリーグ第16節パソス・デ・フェレイラ戦(1-2)では、「右足のディエゴ・マラドーナを彷彿とさせる動き」と現地メディアが絶賛されるゴールも決めていた。

 ハル・シティはイングランド2部で19位と苦戦を強いられているなか、トルコの大富豪アジュン・イルジャル氏がオーナーに就任予定。チームの再建を目指すなかで守田に白羽の矢が立ったようだ。

【読者アンケート】Jリーグ・2022シーズン「期待の新戦力」

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング