矢板中央に藤井陽登あり 3連続PKストップの守護神が生み出す“勝利の雰囲気”【高校サッカー秘話】

米子北の3~5人目を見事にストップ「3連続セーブは初めて」

 後攻の矢板中央2人目・MF大畑凛生(3年)のキックが相手GKに止められると、藤井はすぐに駆け寄って「俺が止めるから下を向くな」と声をかけた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 そして直後の米子北3人目・MF橋本淳史(3年)のキックを完璧に読んでストップすると、そこから4人目、5人目と怒涛の3連続セーブ。「3連続セーブは初めて」と本人も驚くほど、まさに神がかったプレーを見せた藤井によって、矢板中央は3回戦進出を手にした。

「過去2大会はPKを止めることができたけど、先に動いてしまったことで逆を突かれてしまうことが多かった。今回はその反省を踏まえて、相手をしっかりと見て先に飛ばないことを意識しました」。

 過去からしっかりと学び、進化をしてきたからこそ、この大舞台で人生初の出来事が起こった。このセーブは味方の背中を力強く後押ししただけではない。この先の対戦相手も「矢板中央には藤井がいる」というインパクトを強烈に残すことができたと言える。味方の信頼感が増し、相手の警戒心が高まる。絶対的な守護神がいるチームが強い理由はまさにここにある。

「あの2失点目は僕の技術ミスです。(佐野のミドルシュートを)しっかりと外に弾いていれば詰められなかった。チームを救うのはGKだと思うので、そこは意識したい」

 次なる相手は関東第一。過去最高のベスト16に進み勢いに乗る相手に藤井はどのようにして立ちはだかるのか。3年間の思いのすべてをぶつける最後の大会を好発進した藤井の真価は、これからさらにプレーとなって表現をされるだろう。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

【読者アンケート】欧州日本人「前半戦ベストシーン・ベストゴール」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ