宮崎日大が嬉しい全国初勝利 監督も歓喜「宮崎のサッカーを引っ張っていけることを示すような1勝」

2回目の出場を果たした宮崎日大が富山第一に1-0で勝利【写真:河合 拓】
2回目の出場を果たした宮崎日大が富山第一に1-0で勝利【写真:河合 拓】

後半33分にセットプレーからDF外山将大が決勝ゴール

 第100回全国高校サッカー選手権大会は、12月31日に各地で2回戦を行い、フクダ電子アリーナの第2試合では、2年連続2回目の出場を果たした宮崎日大(宮崎)が富山第一(富山)に1-0で勝利し、3回戦進出を決めた。

「1年間、チームとしてはポゼッションの練習をしてきた」(MF芥川蘭丸)という宮崎日大高だったが、この試合では富山第一を相手に、なかなかボールを保持できなかった。それでも、ピンチの場面ではGK羽間友基を中心に守り抜き、ゴールを許さなかった。

 そして迎えた後半33分、相手陣内でフリーキックを得ると、「普段は直接狙うような位置だったが、相手のGKとDFの間が空いていた」という芥川が機転を利かせてゴール前に入れたFKを、DF外山将大がヘディングで合わせて、ゴールネットを揺らした。その後の反撃をしのいだ宮崎日大が、嬉しい全国初勝利を挙げている。

 敗れた富山第一の大塚一朗監督は「入りが良かっただけに、結果が伴わなくて、とても残念です。シュートも相手の倍以上、打っているにもかかわらず、点差に反映されなかった。チャンスで決めきる力がなかった」と、肩を落とした。

 一方、宮崎日大の朝倉大志監督は「選手たちが緊張していて、いつものパフォーマンスをなかなか発揮できない状態だった。それでも我慢強くDFが守ってくれて、最後にセットプレーで勝つことができました。初戦としては上出来でした」と言及。さらに、「ここから宮崎のサッカーを宮崎日大が引っ張っていけることを示すような1勝になったと思う」と、全国大会初勝利を喜んだ。

 勝利した宮崎日大は、1月2日の3回戦で、静岡の静岡学園と対戦する。

(河合 拓 / Taku Kawai)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング