桐光学園が1回戦突破! OB中村俊輔の“金言”へ監督感謝「良い影響を与えてくれた」

横浜FCの元日本代表MF中村俊輔【写真:Getty Images】
横浜FCの元日本代表MF中村俊輔【写真:Getty Images】

西原(沖縄)を1-0撃破、今月中旬に元日本代表MF中村俊輔がチームを激励

 第100回全国高校サッカー選手権は12月29日に首都圏8会場で1回戦が行われ、等々力陸上競技場では地元・神奈川の桐光学園が1-0で西原(沖縄)を下した。優勝候補にも挙げられる名門だけに、偉大なOBによる影響力の大きさもあったようだ。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 桐光学園は前半から多くのチャンスを作り出したものの、鈴木勝大監督が「非常に硬かったなと。難しい、難しいと思っていましたけど、想像以上に難しかった。特にゴール前でのイージーなミスが多いというのが印象だった」と話したように、決定機を決められずに時間が流れていった。

 後半にMF豊田怜央がセットプレーから打点の高いヘディングで決めて勝利を収め、これには鈴木監督も「80分の中で決着をつけられたことが、次につながると思います」と胸をなで下ろした。

 その桐光学園は今月中旬にOBの元日本代表MF中村俊輔がチームを激励に訪れたという。鈴木監督は「毎回、シュンはチームやキャラクターを見てコメントしてくれる」として、「今年のチームには明るくやることと、選手権を楽しんでほしいと一番に伝えてくれた。彼のような経験のある選手の言葉は、僕が1000回、1万回、楽しめと伝えても伝わりづらいけれども、良い影響を与えてくれている」と感謝の言葉を残した。

 また、主将のMF山市秀翔も「パスやゲームメークをする選手ではないけど、尊敬するのが中村俊輔選手。普段からビデオやプレー集を見ているので、自然とそういう蹴り方になっているのかも」と、どこか中村の面影を感じさせるようなキックフォームになっていると微笑んだ。

 先日、セレッソ大阪からサガン鳥栖への期限付き移籍が発表されたFW西川潤も、会場に足を運んでいる姿があった。伝統校ならではのOBとの関係性は、高校サッカーの良さの1つだと言えるだろう。日本を代表するファンタジスタからの「楽しめ」というメッセージは、初優勝を狙う桐光学園イレブンの背中を押している。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング