高校サッカー選手権開幕戦、関東第一が6-0の“ゴールラッシュ” MF若松歩が第100回大会第一号ゴール

ゴールを決めた関東第一MF藤井日向【写真:荒川祐史】
ゴールを決めた関東第一MF藤井日向【写真:荒川祐史】

関東第一対中津東の開幕戦、前半3-0リードから後半も3点追加

 第100回全国高校サッカー選手権は、12月28日に国立競技場で開幕戦が行われ、関東第一(東京B)が中津東(大分)に6-0で大勝した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 全国48校が入場行進などを行う開会式の後に行われたゲームは、前半13分にコーナーキックのこぼれ球を関東第一のMF若松歩が蹴り込んで先制に成功した。

 その後、中津東はMF国広雄陽が左サイドからキレのある動きを見せ、ドリブル突破で獲得したフリーキックを自ら狙うとクロスバーを直撃する惜しい場面を作った。しかし、主導権を譲らない関東第一は同22分にFW坂井航太、同アディショナルタイムにはMF藤井日向が追加点を奪い、前半を3-0で折り返した。

 関東第一は、後半3分にはFW本間凜が押し込んで追加点。ゲームを支配して時間を進めていった。

 大差がついたなかでも中津東はDF梅津瑠暉がゴールライン上で必死にシュートをクリアするなど諦めない姿を見せたが、反撃の1点が遠かった。同37分には途中出場のMF平形京太が追加点を奪い、2分後にはMF肥田野蓮治が決めてゴールラッシュを締めくくった。

 開幕戦を6-0で大勝した関東第一は、31日の2回戦では29日に行われる尚志(福島)と瀬戸内(広島)の勝者と対戦する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング