外国籍選手との対峙で放った輝き 槙野智章が「対人のスペシャリスト」として大成したワケ

退団が決まっている浦和の元日本代表DF槙野智章【写真:Getty Images】
退団が決まっている浦和の元日本代表DF槙野智章【写真:Getty Images】

名将ペトロヴィッチも称賛したフィジカル「パトリックを止められる日本人はマキしかいない」

 J1浦和レッズの元日本代表DF槙野智章は、今季限りでの契約満了が発表されて退団が決まった。10シーズンにわたるプレーになった浦和では、特にアジアの戦いや外国籍選手とのバトルでチームにタイトルをもたらした。

 槙野はサンフレッチェ広島の下部組織からトップ昇格し、その後にドイツ1部ケルンへ移籍。広島時代の恩師ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現・北海道コンサドーレ札幌監督)が浦和に就任した2012年に、出場機会に苦しんでいたケルンからの期限付き移籍という形で浦和にやってきた。

 広島時代に“ミシャ・サッカー”を経験し、先に浦和へ移籍していたMF柏木陽介が攻撃的な選手たち、槙野は守備的な選手たちに戦術理解を深めさせるための重要なキーマンにもなった。そして、シーズン最終戦の名古屋グランパス戦では、フリーキックをダイレクトの弾丸ミドルで蹴り込んで浦和をリーグ3位からのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場に導いた。試合後には、独断での「完全移籍宣言」もして、翌シーズンから正真正銘の浦和の一員になった。

 そして、このACLの舞台で槙野は輝きを発揮したと言えるだろう。この時期は中国勢が資金力をバックに、多くの有力選手を獲得して存在感を大きくしていた。当時のチーム名で広州恒大や上海上港にはブラジル代表やコロンビア代表など、南米からやってきたハイレベルな選手がずらりと並んだ。

 そうした選手たちと丁々発止のやり合いを繰り広げ、槙野は対人のスペシャリストとしての名声を高めたと言えるだろう。国内でもガンバ大阪戦前に、ペトロヴィッチ監督から「パトリックを止められる日本人はマキしかいないだろう」という声を掛けられて発奮したこともあった。その集大成が、2017年にACL制覇を果たしたシーズンだった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド