「こんなことある?」 浦和DF、元同僚・鈴木大輔の“利用客”インタビュー姿投稿に大反響

元日本代表DF鈴木大輔(ジェフユナイテッド千葉)【写真:Getty Images】
元日本代表DF鈴木大輔(ジェフユナイテッド千葉)【写真:Getty Images】

浦和DF岩波がスキーの“利用客”としてテレビに映る鈴木大輔を発見しSNSに投稿

 浦和レッズDF岩波拓也が12月15日にSNSを更新し、元日本代表DF鈴木大輔(ジェフユナイテッド千葉)が、テレビ番組内でスキー場“利用客”としてインタビューに答える姿を投稿。これに鈴木本人も反応し、ファンや元同僚らから反響を呼んでいる。

 現在31歳の鈴木は、アルビレックス新潟でプロデビュー。2012年にはロンドン五輪日本代表に選出され、ベスト4進出に貢献した。翌年より柏レイソルに移籍し、16年からスペインのジムナスティック・タラゴナで3シーズン過ごした後、柏に復帰。その後、19年に浦和に完全移籍し、20シーズンの開幕戦ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)をJリーグで初めて適用された人となった。今シーズンよりJ2の千葉に完全移籍し、リーグ戦41試合に出場し、3得点を挙げている。

 そんななか、鈴木の浦和時代の元同僚である岩波が自身のツイッターを更新。「この利用客見たことある」と添えて、北海道のスキー場で“利用客”としてインタビューを受ける鈴木の姿が映った画像を投稿した。これに本人も「自分一応サッカー選手で、、、って言おうと思ったんだけどおこがましくて何も言わずに受けたら、北海道でTVデビューしてしまった」と出演した経緯を明かしている。

 この新旧浦和の“背番号4”のやり取りに元日本代表MF鈴木啓太も「面白い。笑」と反応すれば、元浦和で今季は名古屋でプレーしていたMF長澤和輝も「仕事柄、インタビュー慣れしてますもんね〜」と軽快なやり取りを見せていた。また、ファンからも「やっぱりご本人様だったんですね」「他人の空似でなかったのか」「こんなことある?」「素敵なパパぶりです!」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング