50m独走ドリブル、殊勲のアシスト!三笘薫の”縦横無尽プレー”に驚嘆の声 「上手すぎ速すぎ走りすぎ」

メヘレン戦でアシストを記録したMF三笘薫【写真:Getty Images】
メヘレン戦でアシストを記録したMF三笘薫【写真:Getty Images】

メレヘン戦で1アシストを記録するなど2-0の勝利に貢献

 日本代表MF三笘薫が所属するベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは、現地時間12月12日のリーグ第18節でメヘレンと対戦し、2-0と勝利した。フル出場した三笘は1アシストと活躍したなか、スポーツ・チャンネル「DAZN」の公式YouTubeチャンネルにハイライトがアップされると、”縦横無尽プレー”に称賛の声が上がっている。

 三笘は3-5-2システムの左ウイングバックでスタメン出場。前半30分頃から相手ゴール前で絡む機会が増えると、同35分に日本人アタッカーが輝きを放つ。

 ロングボールのこぼれ球をFWデニス・ウンダブが拾うと左サイドを駆け上がる三笘へパス。そのままドリブルで持ち上がった三笘は迷わずにドリブルで仕掛け、倒れ込みながら左足でファーサイドにラストパスを送り、最後はFWダンテ・バンゼイルがスライディングで合わせて先制ゴールを上げた。

 三笘は後半3分にも、得意のドリブル突破からチャンスメイク。相手コーナーキックのこぼれ球を自陣ゴール前で拾うと、左サイドへボールを持ち込む。相手1人が身体を寄せてきたところでギアアップしかわすとそのまま敵陣へ独走。自陣から50メートル超を駆け抜け最後はゴール前へ走り込んだ味方へアウトサイドでのスルーパスを供給したが、惜しくもゴールには結びつかなかった。

 ユニオンSGは後半10分にMFテディ・テウマが追加点を挙げ、2-0で勝利。2試合連続フル出場で結果を残した三笘は、1アシストという目に見える形で結果を残した。

 データ分析会社「オプタ」の数値を元にデータを展開する「SofaScore」によれば、三笘は90分間の出場でボールタッチ47回、パス成功率80%(20本中16本成功)、キーパス2本、ドリブル成功率50%(4回中2回成功)、地上戦デュエル勝利数7回中4回、インターセプト3回、ブロック2回、クリア1回、ポゼッションロスト9回という成績だったという。

「DAZN」公式YouTubeチャンネルでハイライトがアップされると、「信頼を勝ち取ってるのが分かる」「三笘守備もめっちゃ上手くなってたな」「上手すぎ速すぎ走りすぎ」「めっちゃワクワクする攻撃するやん」といった声が相次いでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド