「正確なクロス」 ユニオンSG三笘薫、1アシストを現地称賛 クラブも喝采「素晴らしいパス」

1アシストで勝利に貢献したMF三笘薫【写真:Getty Images】
1アシストで勝利に貢献したMF三笘薫【写真:Getty Images】

2試合連続フル出場の三笘、メヘレン戦で1アシストをマークして2-0勝利に貢献

 日本代表MF三笘薫が所属するベルギ-1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは、現地時間12月12日のリーグ第18節でメヘレンと対戦し、2-0と勝利した。フル出場した三笘は1アシストと活躍し、現地メディアは「三笘薫の正確なクロスからシュートを突き刺した」と称賛している。

 三笘は3-5-2システムの左ウイングバックでスタメン起用。序盤は見せ場を作れなかったものの、前半30分頃から相手ゴール前で絡む機会が増え、同35分に日本人アタッカーが輝きを放つ。

 ロングボールのこぼれ球をFWデニス・ウンダブが拾うと左サイドを駆け上がる三笘へパス。そのままドリブルで持ち上がった三笘は縦方向にドリブルで仕掛け、倒れ込みながら左足でファーサイドにラストパスを送り、最後はFWダンテ・バンゼイルがスライディングで合わせて先制ゴールを上げた。

 先制したユニオンSGは、後半10分にMFテディ・テウマの追加点でリードを広げて2-0と勝利を手にしている。

 ユニオンSGの公式ツイッターは「ゴーーール!!! 三笘薫からダンテ・バンゼイルへ、ファーサイドへの素晴らしいパスから主導権を握る」とゴールを速報した。

 またベルギーメディア「Sport/Voetbalmagazine」は「ハーフタイムの10分前、デュダン・パーク(本拠地スタジアム)の熱狂的な観衆は初めて祝福を受けることになった。三笘薫の正確なクロスから、ファーサイドのダンテ・バンゼイがシュートをネットに突き刺した」と記し、三笘の正確なパスを称えている。

 2試合連続フル出場で結果を残した三笘。現地でも評価は着実に高まっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド