福岡退団のサロモンソン、長文の“お別れメッセージ”にファン感動 「泣かすなよ!」

福岡DFエミル・サロモンソン【©avispa fukuoka】
福岡DFエミル・サロモンソン【©avispa fukuoka】

サロモンソンが母国ヨーテボリに復帰「お別れを言う時がきました」

 今季J1アビスパ福岡でプレーした元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソンは、12月10日に母国の古巣IFKヨーテボリへ完全移籍することが決定した。リリースとは別に、自身のツイッターでもファン・サポーターに感謝の言葉を綴り、感動の声が上がっている。

 サロモンソンは2019年にサンフレッチェ広島に加入し、J1で19試合2ゴールを記録した。翌20年シーズンに福岡へ期限付き移籍し、J2で39試合2ゴールとレギュラーとしてチームのJ1昇格に貢献。自身2度目のJ1となった今季も、32試合で3ゴールの成績を残し、過去最高8位フィニッシュの原動力となった。

 そのなかで、母国の古巣ヨーテボリへの完全移籍が決定。サロモンソンはクラブを通じた談話とは別に、自身のツイッターでメッセージを送っている。

「お別れを言う時がきました。心の底から皆さんに感謝を伝えたいと思います。この2年間、アビスパで皆さんが僕に見せてくれた愛とサポートは信じられないほど素晴らしいものでした。アビスパのためにプレーすることがとても大好きでしたし、これから先はアビスパの生涯サポーターとして皆さんと一緒にチームを応援します。

 チームメイト、コーチ、トレーナーやすべてのスタッフ。多くのことを教えてくれて、そして体のケアをしてくれてありがとうございました。本当に大きなリスペクトしかありません。僕が所属したこの2年間でこのクラブとして成し遂げたことは、これから先ずっと誇りに思います。J3へ降格しそうだったチームをJ1上位チームへと変貌させました。凄まじい偉業です。全員で歴史をつくりました。皆さんに感謝していますし、大好きです。

 みんなの右サイドバック背番号3、エミル・サロモンソン」

 この投稿には、ファンから「寂しい」「エミル、泣かすなよ!」「感謝しかない」「スウェーデンに帰っても頑張って」といった声が上がっていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング