森保采配は「納得できない」 闘莉王が苦言…不調の大迫、南野起用に「フェアではない」

闘莉王氏が森保監督の起用法について言及【写真:Getty Images】
闘莉王氏が森保監督の起用法について言及【写真:Getty Images】

公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」で森保ジャパンの起用法へ言及

 森保一監督率いる日本代表は、11月16日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節オマーン戦で1-0と勝利した。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、前節ベトナム戦(1-0)に続き、パフォーマンスの上がらなかった主力を継続起用する森保采配に改めて苦言を呈している。

 公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回は敵地オマーン戦で貴重な勝ち点3を手にした森保ジャパン。ベトナム戦で内容の悪かったチームから、先発メンバーの変更は出場停止のMF守田英正(サンタ・クララ)からMF柴崎岳(レガネス)への変更のみ。修正はなされず、前半は枠内シュートゼロという体たらくだった。

「いつまで我慢するのか、というところ。代表は我慢する場所ではない。それに尽きる。あれだけベトナム戦で我慢した。次の試合は分かっている。そんなに練習もできない。急に上がらない。最初から良い選手を使う。調子の良い選手を長く使う。調子の悪い選手は短く、ということでなければフェアではない。そういうところが、納得できない」

 後半投入されたMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)とFW古橋亨梧(セルティック)は投入直後からハイパフォーマンスを見せていたが、連続起用されているFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)とMF南野拓実(リバプール)は不調のまま。主力への信頼から我慢の起用を続けていると闘将は怒りとともに指摘。忖度ゼロで森保ジャパンの問題点にメスを入れる最新回となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド