“怪物FW”ハーランドの移籍希望先はプレミアリーグ? レアルが交渉断念と英紙報道

ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】
ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】

スペイン記者が「レアルは獲得への動きを取りやめた」と言及

 ボルシア・ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、現在、世界で最も注目を集める若手ストライカーの1人だ。数多くのメガクラブが獲得を切望しているが、行く先の有力候補の1つと見られていたスペインのレアル・マドリードは、獲得レースから撤退する可能性があるようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。

 今シーズン終了後には、6400万ポンド(約98億円)の契約解除条項が有効になるとされるハーランドについて、ドルトムントは契約延長を目指して巨額の年俸を準備しているとも報じられている。ドルトムントに残るのか、メガクラブへ移籍するのか。今後の動向が大きな注目を集めるハーランドだが、彼の希望を知ったレアルは獲得を諦めたという。

 スペインの記者ジョセップ・ペドレロル氏は、「レアル・マドリードは、ハーランドが来年、イングランドでプレーする希望を持っていることを知り、獲得への動きを取りやめた」とコメントしている。

 先月、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は、ハーランドとフランス代表FWキリアン・ムバッペという、2人のスター候補のどちらを獲得したいかという問いに対し「新しいプロジェクトのために、どちらを獲得したいか? 疑いなく、私は両方を取る。レアルには常に世界最高の選手がいる。フロレンティーノは、両方を連れてくる」と宣言していたが、ペドレロル氏のコメントが確かならば、そのプランは変更を余儀なくされたようだ。

 プレミアリーグのクラブでは、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプールが、ハーランドの獲得を希望していると報じられてきた。今シーズンも公式戦10試合で13得点を挙げているハーランドだが、かつて父も活躍したプレミアリーグのクラブへ移籍することとなるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング