三笘の投入で「違う代表に」 闘莉王が絶賛、“10番”南野との違い指摘「誰が見ても…」

闘莉王氏が途中出場のMF三笘薫を絶賛【写真:AP】
闘莉王氏が途中出場のMF三笘薫を絶賛【写真:AP】

「闘莉王TV」公式YouTubeチャンネルでW杯最終予選オマーン戦に言及

 森保一監督率いる日本代表は、11月16日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節のオマーン戦で1-0と勝利した。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は後半開始から投入され、決勝アシストなど戦況を一変させたFW三笘薫を大絶賛。不発に終わったリバプールFW南野拓実との決定的な違いを指摘している。

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」のテーマは敵地戦で1-0勝利となったオマーン戦。枠内シュート0本というベトナム戦の内容の悪さを引きずった前半の停滞感を一気に断ち切ったのは、三笘だった。

「あれだけの勢いを持って、気持ちが伝わってくるドリブル。三笘選手の交代から違う代表になりました」。前半戦の体たらくに危機感を滲ませていた闘莉王氏はA代表デビュー戦となったドリブラー投入で別のチームに変わったと絶賛している。

 単騎突破で左サイドを崩壊させた三笘が最終的に伊東の決勝弾を見事にアシストした。このシーンには不発に終わった背番号10とのコントラストが存在するという。

「必ず突破できる。必ずセンタリングをあげてくれる。逆サイドに三笘選手がいる。伊東選手も信じていいところまで走っていく。それが連動してチームとしていい形になっていく。逆に、逆サイドの南野選手、調子が悪いな。なかなか抜けない。ボール取られたら、守備的なポジションに戻ろう。逆サイドの選手はそういう感じになりつつある」

 絶対にクロスが上がってくるという三笘に対する信頼感は、ゴール前に詰めていた伊東の意識に働きかけていたと闘将は指摘。その一方で、後半直後の決定機で衝撃的なシュートミスを犯すなど精彩を欠いた南野が仕掛けていたら、ボールロストとカウンターへの準備というリスク管理が伊東の脳裏に過ぎる悪循環になっていた可能性を指摘している。

「誰が見ても調子が悪い」と南野の試合勘の欠如を危惧している闘莉王氏らしい鋭い視点が際立つ最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド