「先発で使っていく起用は考えていた」 森保監督が三笘&中山を途中出場にした理由は?

中山は「スタートで出てもおかしくない」

 森保監督は、前半の45分間で「アグレッシブに戦うところは戦い、我慢すべきは我慢した」からこその、後半だったと語る。

「もちろん評価としては三笘が入って、ぐいぐい相手ゴールに向かうプレーはチームに勢いをもたらした。彼の良さを出してくれた。後半から出たが45分もたなくてもいいくらいの仕掛け方をしてくれた。そこは彼の自分の持っている力を発揮することと、チームに勝利をもたらそう、貢献しようという姿勢は素晴らしい。中山もスタートで出てもおかしくないし、問題ないパフォーマンスを出している。今日も彼が入り、非常に安定したプレーをしてくれた。守備では落ち着いて相手の攻撃を止め、攻撃ではいいアクセントになる受け方、配給をした。今後に関しては、選手は経験を積んで、このアジア最終予選でも存在感を発揮してくれる選手も何人もいる。ポジション争いはニュートラルに見て、決めていきたい」

 指揮官の頭を悩ませるような“真のポジション争い”が熾烈になり始めている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド