ベトナム代表の韓国人監督は「日本がすごい嫌い」 松井大輔の発言に韓国反応「ストレートな表現」

ベトナム戦で解説を務めた元日本代表MF松井大輔【写真:Getty Images】
ベトナム戦で解説を務めた元日本代表MF松井大輔【写真:Getty Images】

ベトナム戦で解説を務めた元日本代表MF松井大輔の発言に注目

 森保一監督が率いる日本代表は、11月11日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節ベトナム戦で1-0と辛勝した。スポーツチャンネル「DAZN」で中継された試合で解説を務めた元日本代表MF松井大輔の発言に韓国メディアが注目を寄せている。

 試合は前半17分、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が敵陣で相手を背負いながら落とし、MF南野拓実(リバプール)が左サイドを持ち上がって左足で絶妙なラストパス。これをフルスプリントで駆け込んできたFW伊東純也(ヘンク)が蹴り込んで決勝ゴールを奪った。

 試合中、ベトナムを率いる韓国人のパク・ハンソ監督について触れた松井は、「すごい嫌いなんでね、日本が。めちゃくちゃ言われたことありますから、日本の製品は使わないとか」と語っていた。

 韓国のスポーツ・芸能総合サイト「スポータルコリア」は「ベトナム対日本の試合で解説した松井大輔が、パク·ハンソ監督に対するストレートな表現をした」と注目。「パク·ハンソ監督は後半13分頃、ベトナム選手とぶつかった田中碧にファウルが宣言されないと厳しい表情を見せた。 これを見た松井は『パク·ハンソ監督は日本がすごい嫌いなんでね』と話した」「『日本製品を使わない』とパク·ハンソ監督の生活習慣にも触れた」と伝えている。

 また松井のキャリアに加え、かつて共闘した元韓国代表MFパク・チソンとの関係性にも言及。「松井はパク・チソンの『親友』としてよく知られている。 松井は2000~2001年にパク・チソンと京都サンガで活躍した。 その後もお互い交流しており、日韓戦などのAマッチの時は、グラウンドで会って対話を交わしている。松井は今シーズン前半にベトナムのサイゴンFCでプレーし、パク・ハンソ監督がベトナム代表チームをどのように率いてきたのかを目の当たりにしていた」と記した。

 最後は「中継を見た日本のサッカーファンは『地上波だったら放送事故レベルの発言』という反応を見せた」と締めくくり、韓国人指揮官にまつわる発言や反応を伝えている。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング