引退危機報道のアグエロ、SNSで“ポジティブ”メッセージ「いろいろな噂があるけど…」

不整脈でクラブ離脱中のセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】
不整脈でクラブ離脱中のセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】

不整脈が見つかり最低でも3か月以上の離脱、ストライカーの動向に世界注目

 今シーズン、10シーズンにわたって在籍したマンチェスター・シティを離れ、FCバルセロナに加入したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、現役引退の危機に瀕していると報じられてきた。報道を目にしたアグエロは、自身のSNSを通じて前向きに取り組んでいるというメッセージを送っている。

 アグエロは10月30日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節の本拠地アラベス戦(1-1)に先発出場したが、試合中にめまいを起こし、胸を押さえてピッチに倒れ込んだ。そのまま前半途中で途中交代となり、病院へ搬送された。精密検査の結果、アグエロには不整脈が見つかり、最低でも3か月以上の離脱となることがクラブから正式に発表された。

 その後、さらなる検査を受けたアグエロだが、彼の心臓の問題は複雑であり、プロサッカー選手として復帰できない可能性があるという。世界的なストライカーの現状は、世界中に報じられた。これを受けてバルサの19番は、自身のSNSに以下のようにコメントした。

「いろいろな噂があるけれど、僕はクラブのドクターのアドバイスに従っていることを伝えておくよ。検査をして、治療を続け、今後90日間の状況を見てみるよ。常にポジティブだよ」

 今夏、バルサに加入した後、負傷もありここまで公式戦6試合1得点という結果しか残せていなかったアグエロ。問題が解決し、再びピッチで圧倒的な得点能力を示してくれることが期待される。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング