日本代表に思わぬハプニング発生 チャーター便遅延で欧州組11人が9日練習に間に合わず

【写真:ⓒJFA】
【写真:ⓒJFA】

ロシアでの給油が遅れて足止め、9日午前到着予定から一転夜に到着予定

 森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で11月11日のアウェー・ベトナム戦(ハノイ)に臨むなか、日本協会サッカー協会(JFA)によれば欧州組11人が乗ったチャーター便の現地到着が遅れ、現地時間9日のトレーニングに間に合わないことが判明するなど、思わぬハプニングが発生している。

 FW古橋亨梧(セルティック)、FW南野拓実(リバプール)、MF伊東純也(ヘンク)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF原口元気(ウニオン・ベルリン)、MF守田英正(サンタ・クララ)、MF堂安律(PSV)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF板倉滉(シャルケ)、GK川島永嗣(ストラスブール)の欧州組11人は、ヨーロッパからのチャーター便に乗りロシアを経由して9日午前にベトナム入りする予定だった。しかし、ロシアでの給油が遅れて足止めを食らい、最終的に9日の全体午後トレーニングに間に合わないことが判明した。

 11人は9日夜にベトナム入国後に検査を行い、その後はホテルのジム施設を利用して汗を流す予定となっている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング