浦和MF平野佑一がW杯戦士に“逆質問” プレーの視野が狭くなる時の解決法とは?

同じセントラルハーフの平野から福西氏へ質問「そういう時にどう抜け出すか…」

平野 質問してもいいですか? ボランチでプレーしている時、視野が狭くなってしまうことがあるのですが、福西さんは、そういう時にどう抜け出すかなど、意識したことはありますか?

福西 視野が狭くなる時は、よりそこに意識を集中するようにしました。視野が狭い時や調子が悪い時って、あまりいろいろなことが考えられなくなりますよね? その時は、できるだけシンプルなプレーを心掛けました。ボールをどう動かすか、ゲームをどう組み立てるかなどは考えず、ボールが来たら次の人に渡す。そして、次のプレーの時に、どう視野を広げるか、選択肢を増やしていくかにチャレンジしました。シンプルにプレーすることが、一番、難しいので。シンプルなプレーをしつつ、状況に応じた選択肢を増やす。その余裕を作っていくというやり方ですね。

――シンプルに「これをやる」と決めて、そのプレーが成功すると、心のゆとりができて、次のプレーの際に視野が広がったりするのですか?

福西 自信は大きいと思います。視野が狭かったり、体が痛かったりすると、それによって調子も落ちてきます。さらに、その状態で選択も遅くなってボールをごねて、取られると、また落ち込んだり、チームメイトから言われたりする。だからシンプルなプレーを心掛けて、自分のミスをできるだけ少なくするように持っていき、シンプルな選択肢を増やしていく。「シンプル」っていうのは、頭に入れたほうがいいですね。

平野 ある意味、「目立ちすぎない」という僕の考え方は、悪くないっていうことですね?

福西 はい。悪くないと思います。後ろで組み立てて展開するとか、相手FWの守備を越えたら、次は前のポジションでどういう仕事をするか。リスクを考えたら、後ろではシンプルにプレーした方が良いと思うので、シンプルにプレーする。自分の調子が良かったら、自信や余裕が出てくるはずです。平野選手も、やっとJ1のスピードに慣れてきたとか、そういう感覚ではありませんか?

平野 そうですね。ようやく慣れてきました。

福西 そうすると、今度は相手のスピードに合わせて、そこから次にどうするか。次のライン、次のラインという風に見えてくると思います。まずはシンプルに自分を慣らせて、そこからどうリスクを負いながら、チャレンジをしていくか。本当にシンプルなプレーだけになると、そこまでの選手で終わってしまったり、相手にプレーを読まれてしまったりします。シンプルにプレーしつつも、時には攻め上がったりする。相手のFWは「どうせパスを出すだろう」と思うと、寄せてこなくなります。その時はパスが有効ではなくなるので、パッとドリブルをしてラインを突破する。たまに平野選手は見せていますが、そうすると中盤の選手が引き出せて、またパスが生かせる場面ができます。シンプルなプレーと、相手の裏をかくプレーを使い分けられれば、幅が出てくると思います。

――最後に、福西さんから平野選手に期待することやメッセージをお願いします。

福西 今、J2からJ1にカテゴリーも上がり、成長の途中にあると思います。いろいろなことにチャレンジしてください。ただ、チャレンジし過ぎると怖いところもあるかもしれませんが、その部分を調整しながら、一つ先に前向きに取り組んでもらえたら、すごく成長できると思いますし、そうなることを期待しています。空回りしない程度に、浦和を引っ張る気持ちも持ってもらい、もっと周りをうまく使えるようになれば、浦和が良い成績を収められるのではないかと思います。

平野 ありがとうございます。めちゃくちゃくさいコメントになってしまうかもしれませんが、こうして「アグレッシブ賞」に選んでいただき、対談もさせていただいたので、残り少ないシーズンもアグレッシブに戦っていきたいです。ただ、「賞を取ったんだぜ」と気負うことなく、それこそ淡々と、シンプルに後ろからつなぎながら、それでも前線に行ったら1点は取りたいなとここで宣言をしておきます。

福西 いいですね。ゴール、期待しています!

[プロフィール]
平野佑一(ひらの・ゆういち)/1996年3月11日生まれ、東京都出身。2018年、水戸ホーリーホックに加入。同年のJ2第4節レノファ山口FC戦で途中出場してプロデビューを果たし、プロ初ゴールもマークした。21年8月に浦和レッズへ完全移籍。同21日のJ1第24節サガン鳥栖戦ですぐさま初スタメンを飾ると、以降は主力としてコンスタントに出場を続けている。

[プロフィール]
福西崇史/1976年9月1日生まれ、愛媛県出身。95年にFWとしてジュビロ磐田に加入すると、プロ入り後にボランチへコンバートされ黄金時代を迎えたチームの中盤を支えた。J1通算349試合62得点の成績を残し、Jリーグベストイレブンも4度受賞。日本代表としても国際Aマッチ64試合7得点を記録し、2002年日韓大会、06年ドイツ大会とワールドカップに2度出場した。04年アジアカップでは優勝を経験している。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング