「上手すぎ」 三笘薫、ベルギーで“華麗シャペウ”…初先発の躍動シーンに熱視線

ユニオン初先発したMF三笘薫【写真:Getty Images】
ユニオン初先発したMF三笘薫【写真:Getty Images】

オイペン戦で初先発、前半終盤に華麗な抜き技を披露

 ベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのMF三笘薫は、リーグ第12節オイペン戦(3-2)で初先発。先制PKを誘発するなど、ドリブルでのチャンスメイクで3-2の勝利に貢献した。前半終了間際には、相手を華麗なシャペウでかわすシーンも披露し、ファンから熱視線を浴びている。

 前節スラン戦(4-2)に途中出場し、リーグ戦初ゴールを含むハットトリックの大活躍を見せた三笘は、オイペン戦で初先発を飾った。すると前半6分、左サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入した流れでPKを誘発。これをFWデニス・ウンダブが決めて先制点に関与すると、2-2で迎えた後半34分には、左サイドから前線へパスを供給した流れからMFキャスパー・ニールセンの決勝ゴールを呼び込んだ。

 ボールを持てば積極的に仕掛けた三笘は前半41分に、華麗なテクニックを披露する。自陣左サイド寄りのハーフウェーライン手前でボールを受けると、プレスに来た相手を越して交わす抜き技“シャペウ”で突破。ルーズボールを胸でトラップし、さらにもう1人を抜き去り、ドリブルで前進しスルーパスを通した。

 チャンスには結びつかなかったが、このシーンを含めたハイライト映像を配信したスポーツチャンネル「DAZN」公式YouTubeチャンネルには「上手すぎ ネイマールみたい」との声も。切れ味鋭い突破で存在感を見せつけたことから、「このままいけば11月の代表に呼ばれそう」「プレミアでどんぐらい通用するかな?!」とのコメントも上がるなど、ファンからは期待の眼差しが向けられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド